注目記事

GBPUSDはプレッシャーがかかったまま

米ドルは金曜日に、 CHFおよびEURを例外として、その主要ペアのほとんどに対して強含んだ。 
経済データの最新情報については、個人所得が4月の改定値+10.8%から5月の月間で4.2%下落した(予想値-6.0%)。個人支出は、4月の改定値-12.6%から5月の月間で8.2%(予想値+9.3)急騰し、記録的な高さとなった。ミシガン大学消費者信頼感指数は6月の速報値78.1から6月の確定値が月間で78.1(予想値79.2)に下げた。  
月曜日には主要経済データが予定されていない。 
ユーロは全ての主要通貨ペアに対して強含んでいた。ヨーロッパでは、ユーロ圏で通貨供給のM3年間増加は、エコノミストの予測の+8.7%、およびその前の月の+8.2%(+8.3%からの改定値)に比較し、5月に8.9%であった。ドイツでは、輸入価格は前月の1.8%の落ち込み後の5月に、0.3%上昇した。エコミスとは、0.4%の上昇を予想していた。フランスでは、6月の消費者信頼感指数が前月の93から97に上昇した。95が予想値であった。
豪ドルはGBPを例外として、ほとんどの主要通貨に対して弱含んだ。    
金曜日に最も動いた通貨ペアはGBP/USDであり、1.2337まで82ピップス下落した。同通貨ペアは、水曜日に我々が設定した下落のターゲット1.234に達した。同通貨ペアは弱気のトレンドチャンネル内に留まっているため、我々はそのトレンドをウィッチするための主要レベルを更新した。GBP/USDが1.239の抵抗線以下に留まることができる限り、直近の安値1.2315、そして最終的にはエクステンションの1.2576をテストするかどうかを見守りたい。 





出典:GAIN Capital, TradingView(トレーディングビュー)
良い週末をお過ごしください。