注目記事

長期抵抗線をテストするGBPUSD

米ドルは木曜日に、全ての主要通貨ペアに対して弱気だった。11月8日で終わる週の新規失業保険申請件数は、その前の週の改定値78.7万人から71.2万人(予想値77.5万人)に減少した。ついに、11月21日で終わる週の継続失業保険申請件数は、その前の週の改定値608.9万件から552.0万件(予想値580.0万件)に下がった。          
      
金曜日には、11月の非農業部門の雇用者数は、10月の63.8万人から月間で47.5万人に下がることが予想されている。11月の失業率は、10月の6.9%から月間で6.8%減少することが予想されている。10月の貿易赤字は9月の639億ドルから月間で648憶ドルに増えることが予想されている。10月の製造業受注は、9月の+1.1%に比較し、月間で0.8%増加することが予想されている。最後に、10月の耐久財受注の確定値は、10月の速報値に沿って月間で1.3%増加することが予想されている。      

ユーロは、 NZDおよびUSDを例外として、その主要ペアのほとんどに対して強気であった。ヨーロッパでは、欧州委員会がユーロ圏の10月の小売売上Iを+1.5%(vs. 月間予想値+0.7%)と報告した。また、調査会社のMarkitが、ユーロ圏の11月サービス業PMIの確定値を41.7(vs 予想値41.3)、ドイツについては46.0(vs. 予想値46.2)、フランスについては38.8(vs. 予想値38.0)、そして英国については47.6(vs. 予想値45.8)と公表した。

豪ドルは、 CADおよびGBPを例外として、その主要ペアのほとんどに対して強気であった。





主要通貨ペアの中で木曜日に最大上昇したのは、149ピップス急上昇したGBPUSDであった。週足チャートを見ると、この通貨ペアは2018年の当初から有効であった1.351レベルでの主要抵抗線をテストしている。上へのブレイクは、1.378での次の主要抵抗線に向けた強い強気の暗示となりえるだろう。20週移動平均線が1.308レベル付近で支持線として機能している。


出典:GAIN Capital, TradingView(トレーディングビュー)