注目記事

GBPUSDは対ドルで1.5%以上下落

米ドルは木曜日に、 CHF、JPYおよびEURを例外として、その主要ペアのほとんどに対して強含んだ。米国の経済データの最新情報については、生産者物価指数の確定値は、7月の+0.6%に比較し、8月の月間で0.3%上昇した。(予想値+0.2%)9月5日で終わる週の新規失業保険申請件数は、その前の週の改定値に沿って88.4万人(予想85.0万人)に留まった。8月29日で終わる週の継続失業保険申請件数は、その前の週の改定値1,329.2万件から1,338.5万件(予想1,290.4件)に増加した。最後に、卸売在庫は、7月の速報値-0.1%に比較し、7月の確定値は月間で0.3%減少した(予想値-0.1%)。    

金曜日に、8月の消費者物価指数は7月の+0.6%に比較し、月間で0.3%上昇することが予想されている。最後に、8月貿易赤字は、7月の630憶ドルから月間で2,354憶ドルに急増することが予想されている。     

ユーロはCHFを例外として、ほとんどの主要通貨に対して強かった。ヨーロッパでは、欧州中央銀行は政策金利を据え置いた。加えて、同行はパンデミック緊急購入計画(PEPP)の金額を13.5憶ユーロに据え置いた。ECBはユーロ圏のGDPが前回の8.7%に比較し、2020年に8%下落し、それに続き2021年に5.0%の成長(前回+5.2%予想)、そして2022年に3.2%(前回予想+3.3%)と予想している。インフレーションは、2020年に0.3%(前回通り)、2021年に1%(初回予想+0.8%)、そして直近の予想通り、2022年に1.3%と見られている。加えて、フランスのINSEEは7月の製造業生産を+3.8%(vs. 月間予想+5.0%)と発表した。 

豪ドルはNZDおよびGBPを例外として、ほとんどの主要通貨に対して弱含んだ。 

大きな動きは、GBP/USDが木曜日のトレーディングで203ピップス下落した。同通貨ペアは、3月の安値依頼に主要上昇サポートトレンドラインをブレイクしており、今、1.275エリアのオーバーラップ支持線をテストしている。1.275を下にブレイクすると、このペアを1.2511.2245に押し下げる下方向のプレッシャーをかけることになるだろう。 





出典:GAIN Capital, TradingView(トレーディングビュー)

トレーディングをお楽しみください。