注目記事

2020 年選挙日にマーケットは開くのか?

選挙日にマーケットは開くのでしょうか?この疑問にお答えします。

熟練の投資家であっても、外貨取引を始めたばかりの初心者であっても、2020 年の大統領選挙が株式市場の動きを決定する転換期となることは確信していることでしょう。どのタイミングで売買するかを決める前に、本記事を読んで、11 月が近づくにつれ投資家が抱える疑問について理解を深めましょう。次期大統領が就任するにあたり、ポートフォリオを作成し、ポートフォリオに合わせてリスクを管理する上で、深い知識が重要となります。

選挙日にマーケットは開くのか?

はい、開いています

株式市場は、特定の連邦休日、銀行休業日、宗教関連の祝日と同様、選挙日も通常の取引時間で開いています。NYSE 市場はすべて米国の標準的な祝日カレンダーに準じて、労働者の日、復員軍人の日、クリスマスなどは休場となりますが、特段の事情がない限り選挙日は開場となります。

一般的に、外貨為替マーケットは 24 時間開いており、開始時刻は東部時間の日曜午後 5:00、終了時刻は東部時間の金曜午後 5:00 で、米国の祝日のほとんどで開いています。

金や銀のスポット取引は、東部時間の日曜午後 6:00 から東部時間の金曜午後 5:00 まで、1 日 23 時間可能です。東部時間の毎日午後 5:00 から午後 6:00 までは閉まっています。金や銀のスポット取引も、CME 祝日閉場日に従います。

株式市場が閉場となる時間は?

ナスダック証券取引所 (Nasdaq) とニューヨーク証券取引所 (NYSE) の通常取引時間は、東部時間の平日午前 9:30 から午後 4:00 までです。予期せぬ事態が発生した場合、NYSE は閉場となる可能性があることは留意しておきましょう。

選挙日にマーケットが閉場となった場合は?

可能性は低いものの、株式市場が予期せぬ事態のために閉場となることはあり得ます。予期せぬ事態の例としては、大規模な気象イベント、テロ、取引所の取引プラットフォームに発生する重大な技術上の問題が挙げられます。

NYSE と NASDAQ は年間を通して、マーケットの祝日には閉場となります。祝日が週末と重なる場合は、その祝日の前日が振替休日となります。感謝祭の翌日 2020 年 11 月 27 日金曜日は、各マーケットが午後 1:00 と、早めに閉場 (特定のオプションは午後 1:15) となることに注意してください。

選挙前に買うべき銘柄は?選挙後は?

専門家らは、2020 年の大統領選がマーケットの一部の分野における転換期となるという見方を維持しています。民主党政権下でベストのトレードは、共和党政権下でのものとは異なる可能性があることは重要なので注意してください。つまり、最新の世論に注目することが大切ということになります。

選挙結果は、選挙後の数日および数か月にわたって株式市場を左右することになるので、観察することが重要です。マーケットのトレンドを観察することで、自分のポートフォリオのリスク管理をどう最適化するかを決め、何を取引し、いつ手を引くかについての理解を深めることができます。

2020 年で、今は株式市場に投資するのによい時期か?

世界経済が新型コロナウイルスに大きく左右され続けているため、2020 年は株式市場にいつどのように投資すべきかを予測することはほぼ不可能です。しかし、現在の激しい値動きの中で大きな損失を計上する事態を避けるため、関連セクター内の特定の企業に注目し、リスク管理に集中することをお勧めします。弊社としては、今年の取引はゆっくりと確実に行うべき、と考えています。

選挙が株式市場に与える影響は?

もうすぐ行われる大統領選は、史上最もマーケットを動かす大イベントの 1 つとなるとみられています。ホワイトハウスの政党が変わる可能性があることに加え、連邦政府の規制に変更が加えられるかもしれないため、株式市場は大きな影響を受ける恐れがあります。

史上最長の強気相場は?

史上最長の強気相場は 11 年続き、2020 年 3 月に終わりを迎えました。強気相場では、株価がピークに達したと思われる時点で保有株を売ることができるため、株価が上昇している間にトレーダーがマーケットに参入しようとします。

2009 年 3 月 9 日は、金融危機以来最低の水準を記録しました。それ以降、S&P 500 銘柄は 2020 年 3 月 6 日のクローズ時の 339% まで値を上げました。この歴史的なトレンドは、2018 年 8 月に史上最長の継続成長と公式に呼ばれました。

この強気市場は終わるのか?

市場で強気の傾向が顕著になると、多くの人々が投資を考え始めます。信頼感は全体的に高い状態が続き、株価の上昇基調が受け入れられます。直近の強気市場は、2020 年 3 月に新型コロナウイルスの感染拡大を受け突然終了しましたが、続く数か月にわたり目覚ましい回復を見せており、現実的な強気市場が新たに始まる兆しではないか、とトレーダーの一部はみています。

2020 年の大統領選がどうなるかにかかわらず、FOREX.com はこれからも皆様にとって信頼のおける経験豊富な取引パートナーであり続けます。今後市場の激しい動きを切り抜けていく上で、弊社が提供できるサポートについて質問がある方は、ぜひ今すぐお問い合わせ願います。

無料オンラインHTMLエディタで作成されたページ。編集した文書からこれらのメッセージを削除するためのライセンスを購読してください。

本レポートに記載されている情報や見解は、一般的な情報としての使用のみを目的としたもので あり、通貨、CFD、その他あらゆる金融商品の、購入や売却に関する勧誘や依頼の意図は全くあ りません。本文書に盛り込まれている、いかなる見解や情報も、予告や通知なく変更することが あります。本文書は、特定の投資目的や、何らかの財務的背景、特定の受領者の意思などに沿っ て書かれ配布されたものではありません。本文書内で引用・言及されている、あらゆる過去の価 格データ・価格推移データは、当社独自の調査や分析に基づいており、当社はそのデータの提供 元やそのデータそのものの信頼性につき、いかなる保証もせず、また筆者や訳者、各国の支社・ 支店も、本文書の内容の正確性や完全性についても一切保証しません。本文書については英語版 を原版とし、翻訳版と原版で相違がある場合には、原版の内容が優先するものとします。本文書 の内容に基づく直接または間接の損失、そして本文書を信頼したことによる、いかなる人物や団 体が結果的に引き起こした損失についても、当社は一切その責を負いません。

先物取引、先物オプション取引、外国為替証拠金取引(またはFX)、CFD、その他、入金額より もレバレッジをかけて、より大きな金額で取引をする金融商品には、当初入金額を超える大きな 損失を被るリスクがあり、すべての人に適するわけではありません。レバレッジを大きくして取 引すると、その分リスクも高くなります。金スポットや銀の取引は、米国商品取引法(U.S. Commodity Exchange Act)の規制で保護されていません。また、差金決済取引(CFD)は米国 在住者の取引は許可されていません。外国為替証拠金取引(FX)や商品先物取引を行う前には、 投資目的、投資経験、リスク許容範囲等について十分検討する必要があります。本文書内にある、 いかなる見解、ニュース、調査、分析、価格その他についても、「本文書を読むいかなる人物や 団体も、FOREX.comが、投資、法的、税務に関して助言するものではないことを理解している」 ことを前提として、一般的な情報として提供されるものです。いかなる投資、法的、税務に関す る事柄についても、適切な専門家や助言者に相談をしてください。FOREX.comは、米国の商品先 物取引委員会(CFTC)、英国の金融行動監督機構(FCA)、オーストラリアのオーストラリア証 券投資委員会(ASIC)、日本の金融庁の規制を受けています。