注目記事

リアルタイム記事配信:2020年アメリカ大統領選挙アナリスト分析記事

ライブブログのまとめ!

マット・ウェラー - 日本時間4:20pm (NY時間2:20am)

まだ「嵐の目」の中にいるような気がしますが、投票結果が少しずつ遅くなっているため、今夜のライブブログを終了します。 過去8時間で約6,000語をスクロールして、一晩がどのように進化したかを確認できますが、最初の選挙ナイトライブブログの簡単な要約をさせていただきます。

l  フロリダでの初期の結果は、トランプが彼の世論調査を劇的に上回っていることを示しました。

l  ジョージア州とフロリダ州での未確定にの投票での強力なリードをうけ、多くのトレーダーが2016年に機能した取引を急いで実施し、米ドルとテクノロジー株のロングに傾斜。

l  その後、予測市場におけるバイデンのオッズは20%まで低下しました。

l  すべての希望が失われたように見えたその時、バイデンはネバダ、そしてアリゾナのような南西のスウィングステートを勝ち取るために力強いパフォーマンスを実施。

l  そして、ジョージア州の真っ青なアトランタ郊外からの遅れた投票により、元副大統領がレースに復帰。ジョージア州、ウィスコンシン州、ミシガン州、そしてもちろんペンシルベニア州からの最終的なカウントを待つ間、予測市場はバイデンにわずかに傾いています。

l  これとは別に、米国上院の支配権をめぐる競争は空中にあり、ジョージア州の激しく争われている特別選挙は、今後数週間で規模を大きく変える可能性があります。バイデンがわずかな勝利を収めたとしても、共和党が支配する上院と戦わなければならないかもしれません。

l  テクノロジー株と国債がこの夜の大きな勝者であり、米ドルはそれほどではありませんでした。

l  執筆時点で、トランプ大統領はスピーチする準備ができており、ジョージア州、ウィスコンシン州、ミシガン州からの最終結果が18時間ほどで完了すると予想されております。

ここまで、お読みいただきありがとうございました。お客様の取引について、少しでも役に立つ情報が提供できていれば幸いです。


アメリカ大統領選挙 – 「ブルーリップル」EURUSDの動き

トニー・サイカモア

本日のまとめとして、メディアはまだアメリカ大統領選挙の最も重要な州と競争の激しい上院のレースをとりあげていません。

バイデンがネバダ州で狭いリードを保持した結果、民主党が取ると予想されていました。バイデンがネバダ州とウィスコンシン州で非常に狭いリードを保持している場合、彼は必要とする270の選挙票を得るためにミシガン州/ペンシルベニア/ジョージアのいずれかが必要です。

残っている問題は、これらのスイング・ステートのいくつかで、郵送投票の結果がまだ数日先にある可能性があることです。

これは、市場が恐れている遅れた選挙結果のシナリオにつながるだけではありません。 また、前述の州のいずれかが「転換点」の州になり、法的な異議申し立てが事実上保証されている場合、選挙が争われる可能性があります。

それにもかかわらず、「ブルーリップル」が確認され、今日の初めに1.1600だったEURUSDが、世論調査による予想で、1.1700を再び超えて取引されることに起因しました。 EURUSDは1.1800で抵抗を取り戻す必要があります。

本レポートに記載されている情報や見解は、一般的な情報としての使用のみを目的としたもので あり、通貨、CFD、その他あらゆる金融商品の、購入や売却に関する勧誘や依頼の意図は全くあ りません。本文書に盛り込まれている、いかなる見解や情報も、予告や通知なく変更することが あります。本文書は、特定の投資目的や、何らかの財務的背景、特定の受領者の意思などに沿っ て書かれ配布されたものではありません。本文書内で引用・言及されている、あらゆる過去の価 格データ・価格推移データは、当社独自の調査や分析に基づいており、当社はそのデータの提供 元やそのデータそのものの信頼性につき、いかなる保証もせず、また筆者や訳者、各国の支社・ 支店も、本文書の内容の正確性や完全性についても一切保証しません。本文書については英語版 を原版とし、翻訳版と原版で相違がある場合には、原版の内容が優先するものとします。本文書 の内容に基づく直接または間接の損失、そして本文書を信頼したことによる、いかなる人物や団 体が結果的に引き起こした損失についても、当社は一切その責を負いません。



アメリカ大統領 – 予想されてたシナリオ

7:40pm (NY時間5:20am)

2020年の米国大統領選挙、予想されていたように、ジョー・バイデンはこれまでのところトランプよりも多くの票を獲得しています。 バイデンは6,750万人、トランプは6,580万人です。

ただし、2016年に学んだように、勝者を決定するのは人気投票ではありません。 それはすべて選挙人団と、法廷手続きの外でまだ重要な役割を果たす重要な戦場の州によります。

通貨トレーダーにとって、今後数日で非常に速く動く可能性がある1つのペアはUSDJPYです。 マイナス面として、104.20 / 00は、ここ数日および数か月で非常によくサポートされています。 トップサイドでは、200日移動平均とチャネル抵抗が良好な抵抗106.00 / 10を提供します。 これらのレベルのいずれかが持続的に中断すると、USDJPYがブレークの方向に200ピップ移動する可能性があります。

USD JPY chart


AUDUSD は居心地の悪い状態で推移

トニー・サイカモア - 日本時間4:07pm (NY時間2:07am))

AUDUSDは伝統的に世界の良いバロメーターとされていますが、今日はほぼ175pipsの往復の後、.7100台で居心地の悪い状態で止まっています。

ブルームバーグの予測によると、バイデン氏は現在、223票から212票の選挙人投票でリードしています。しかし、トランプ氏は結果の出ていない州の多くで勝利し、必要とされる270票を超える勢いです。これはベットフェアによると、トランプ氏は現在1.59ドル、バイデン氏は2.56ドルとなっており、賭け市場にも反映されているようです。

真の疑問は、AUDUSDの動向に大きな要因となりそうなものは、トランプ大統領のホワイトハウスと民主党が支配する下院のもとで、どのような景気刺激策が待ち受けているのかということ。

今日の選挙までのリードでのこの結果は、COVID19援助をめぐる膠着状態の継続と、市場がブルーウェーブの下で期待していたよりも少ない財政支援のためのものであると考えられていました。その結果、AUDUSDは軟化する展開となっており、.7000割れも視野に入ってきました。

ソース:Tradingview


ミシガン州、ウィスコンシン州、USDCNYの動向

トニー シカモア - 日本時間3:29 pm (NY時間1:29am)

僅差で争われているこのレースで注目を集め始めているのは、ミシガン州とウィスコンシン州です。今日までは、両州で共和党が圧勝するとの予想されておりました。

現時点では、両州ともにトランプ氏が優勢ですが、予想以上の接戦となっています。しかし、トランプ氏のリードは、共和党に有利な選挙日の投票に起因している可能性が高く、一方、民主党に有利な郵送投票の結果はまだ集計されていません。

緊迫した状況が続いておりますが、中国の通貨、人民元の今日の価格行動を簡単に見てみましょう。

見ての通り、賭け市場がトランプ氏の勝利とトランプ氏のタカ派的な中国政策の継続に注目し始めると、USDCNYは6.7500に向かって上昇。この数時間でトランプ氏のオッズが緩和されたことに伴い、USDCNYは執筆時点で6.7115に向けて再び動き始めております。 

 

ソース:Tradingview


マーケットチェックイン

マット・ウェラー - 日本時間3:10pm (NY時間1:10am)

6時間前に、今夜注目するいくつかの主要な市場の価格に注目しました。以下では、結果発表前の価格を再現し、カッコ内は現在の水準を更新しています。

DJIA先物 = 27,564 (27,463, -0.6%)

ナスダック先物=11,315(11,533, +1.9%)

EUR/USD = 1.1756 (1.1662, -0.8%)

USD/JPY = 104.64 (104.89 +0.2%)

AUD/USD = 0.7139 (0.7108、-0.4%)

WTI原油=38.60(38.56、-0.0%)。

金=1914(1897, +0.9%)、+0.

10年物国債利回り=0.90%(0.81%、-9bps)

バランス的には比較的限定的な動きとなっており、ボラティリティーは2つの注目すべき例外を除き、中立といったところ。テック株は急上昇しており、10年物国債も同様です(利回りは急落しています)。もしかすると、ビッグ・テック企業は、どんな環境下でも過剰なキャッシュフローを生み出す能力があることを考えると、世界的な「セーフ・ヘブン」の仲間入りをした可能性があります。


S&P500が失速

トニー シカモア - 日本時間3:01 pm (NY時間1:01am)

下落する要因を待っている間に、市場が重要なテクニカルレベルを重視してきたことが重要なポイントの一つとなっています。

例えば、S&P500は、セッション半ばの3330までの急降下から回復した後、決定的なレジスタンスである3420エリアを突破することができませんでした。3420は、9月初旬にレジスタンスとして最初に目立ったレベルであり、1ヶ月後には決定的なサポートとなりました。

S&P500が3420/30の上で継続的にブレイクすることができれば、9月の高値3587の再トライする展開となりそうです。

ソース:Tradingview


バイデン「気分は上々」、トランプ氏が反論

マット・ウェラー - 日本時間2:55pm (NY時間0:55am)

ジョー・バイデン氏の演説では、特に目新しい内容はなく、前副大統領は、選挙に勝つための軌道に乗っていると信じていると述べ、すべての票がカウントされるまでの忍耐を促しました。また、アリゾナ州では自信を感じているとし、ウィスコンシン州、ミシガン州、ペンシルベニア州については、「いい感じ」だと述べました。

一方、ドナルド・トランプ大統領は、「We are up BIG, but they are trying to STEAL the Election. We will never let them do it. Votes cannot be cast after the Poles are closed! 」とツイート。トランプ大統領は、また今夜声明を出すことを示しました。歴史の中で最も論争の多いキャンペーンの一つのように見え、リスク選好の市場にとって最悪のシナリオである可能性もありそうです。

バイデンがステージに立つ

マット・ウェラー - 日本時間2:40pm (NY時間0:40am)

ちょっとした予想外の展開ですが、バイデン氏がまもなくデラウェア州で演説を行うことになっています。勝利か敗北かを宣言するには時期尚早なので、何よりも誤報かもしれません。何か意味のある展開があれば、またお知らせします。


選挙を揺るがす可能性のあるシナリオ

マット・ウェラー, 日本時間14:17 (NY時間12:17pm)

ニューヨークタイムズ紙の「ニードル」は、共和党が数時間前に彼らのコラムでマークした状態で復活したようだ。ニューヨークタイムズ紙の方法論に基づいて、ニードルは現在、ジョージア州でわずかに好印象であるとしてバイデン氏を投影しています。フロリダ州でのトランプのパフォーマンスを考えると、明らかに少し懐疑的ですが、いずれにせよ今夜ジョージア州から結果を得ることはありませんが、そこでの勝利はバイデン氏のホワイトハウスへの道を劇的に広げるでしょう。

ソース:ニューヨークタイムズ紙


アジア株式は、終値高く取引

トニー・シカモア, 日本時間14:14 (NY時間12:14am)

繰り返し述べてきたように、明確な勝者が決定されるまでには長い道のりが残っています。

これを反映して、ブックメーカー各社は現在、ドナルド・トランプ氏が$1.30と同じくらいタイトになった後、$1.87に出ています。数時間前に5.00ドルまでだったジョー・バイデンは$2.08に戻ってきました。

これに伴い、サポートは金に戻り、1880ドルに先んじて日中サポートの2回目のテストの後、1900ドル近くで取引されています。

日中の急速な1.3%の売りが終わった後、ASX200は6050付近でわずかに低く終わるように見えますが、日経平均は円安に対して良好に反応し、現在は23750近くで約2%上昇しています。

ソース トレーディングビュー

2020114日の地域を表示。


アラスカ州の状況

マット・ウェラー, 日本時間 13:58pm (NY時間11:58pm)

投票は次ので午後 12:00 (NY時間) に終了します。

  • ハワイ州

投票はの州で午前 1 時 (NY時間) に終了します。

  • アラスカ州

49番目と50番目の州について言及します。興味深いことに、アラスカ(サリバン氏 vs グロス氏)厳しい上院のレースがあり、それはおそらく次の2年間上院を支配する政党に影響を与える可能性があります。しかし、ジョージア州の決選レースの結果が出るのは何週間もかかる可能性があります。

いずれにせよ、民主党が上院(53票以上)の指揮権を取る「ブルーウェーブ」シナリオは、現在テーブルから外れる可能性が高いので、より劇的な政策提案(大規模な「グリーン・ニュー・ディール」、最高裁判所の「パッキング」など)のいくつかは、バイデンが最終的にそれを引き抜き、民主党が50-51議席の過半数を維持できたとしても、制定するのは難しいでしょう。

 

私はあなたにそう言ったとは言いたくないが..

マット・ウェラー, 日本時間1344pm (NY時間11:44pm)

私たちは本日のブログの冒頭で(かなり下になりますが)、不通常よりも完全な結果の予測が難しくなると警告しましたが、トレーダーの中には構わず取引を進めているトレーダーもいるかもしれません。

  • 一部のベット市場で勝つために20%近く底を打った後、バイデン氏は現在、〜40%にリバウンドしています
  • 米ドル/円は105.00を超える大きなスパイクを巻き戻しています
  • 米国の指数は、一晩の高値を更新

出典:ブルームバーグ


中西部の状況は

マット・ウェラー, 日本時間13:30pm (NY時間11:30pm)

開票直後は様々な興奮がありましたが、トレーダーが集計に基づく明確なシグナルを待つ間、市場は全面的に失速しています。我々は、以下に述べた中西部の州のいくつかだけでなく、アリゾナ州からの継続的な票からより多くの結果が集まり始めます。

それ以外では、ジョージア州はトランプ氏に傾いているものの、最終的な結果を得ることはないように見えます。

 

中西部の上位の州の最終カウントのタイムライン

マット・ウェラー, 日本時間 13:22pm (NY時間11:22pm)

FiveThirtyEightのナサニエル・ラキッチ氏による主要な中西部州のタイムラインに関すレポート:

「ミルウォーキーは東部の午前6時頃にカウントを終えると予想されているので、明朝にウィスコンシン州から非公式ではあるものの、ほぼ完全な結果が得られるでしょう。ミシガン州は当初、集計完了は金曜日までかかると言ったが、当局はその見込みを明日までと修正した。最後に、ペンシルベニア州の結果はおそらく金曜日まで分からないでしょう。

 

FX市場の動きは

マット・ウェラー, 日本時間13:09pm (NY時間11:09pm)

大統領のレースはまだ終わっていませんが、現段階でFX市場における勝者が米ドルであることは明確です。オーストラリアやカナダドルのようなリスクに敏感な通貨に加えて米ドルは、他の主要な通貨に対してより高く取引されています。

 

ソース: FinViz

我々は、FXトレーダーが選挙から不明確な結果があった場合、米ドルを売るかもしれないと推測していたが、これまでのところ、国債利回りが曲線を越えて低下しても、世界の準備通貨は依然としてトップのままです。


西海岸の状況は

マット・ウェラー, 日本時間12:53pm NY時間10:53pm)

投票はの州で午後 11:00 (米国時間) に終了します。

  • カリフォルニア州
  • アイダホ州
  • オレゴン州
  • ワシントン州

これらの州に関しては、注目すべき点は今のところ少ないです。アイダホ州以外はバイデン氏の勝利が確実で、上院議席の接戦も予想はされていません。トレーダーはアリゾナ州の結果に重点を置バイデン氏は投票の75%でやや驚くべき9ポイントのリードを獲得しています。そこで勝利すれば、ペンシルベニア州を失ったとしても、バイデン氏には有利な展開が予想されます。

 

選挙人団の決断が引き分けの場合は…

マット・ウェラー, 日本時間1241pm (NY時間10:41pm)

まだ長い道のりが残っており、多くの時間を費やすことは避けたいですが、選挙人団の決断が引き分けになった場合を想定しておく必要があります。バイデン氏がミシガン州、ウィスコンシン州、ネバダ州、アリゾナ州(早期カウントが彼にとってやや有利であった)を取るが、トランプがペンシルベニア州とオハイオ州(フロリダ州、ジョージア州、ノースカロライナ州に加えて)を取るならば、ホワイトハウスの勝者はME-2またはNE-2のような非州選挙区の選挙票の一部に降りてくるかもしれないのです。

言うまでもなく、 激戦州での引き分け(または<280票の勝利)は、私たちが想像しうる2020年の最大の出来事でしょう。


西海岸の状況は

マット・ウェラー, 日本時間12:53pm NY時間10:53pm)

投票はの州で午後 11:00 (米国時間) に終了します。

  • カリフォルニア州
  • アイダホ州
  • オレゴン州
  • ワシントン州

これらの州に関しては、注目すべき点は今のところ少ないです。アイダホ州以外はバイデン氏の勝利が確実で、上院議席の接戦も予想はされていません。トレーダーはアリゾナ州の結果に重点を置バイデン氏は投票の75%でやや驚くべき9ポイントのリードを獲得しています。そこで勝利すれば、ペンシルベニア州を失ったとしても、バイデン氏には有利な展開が予想されます。

 

選挙人団の決断が引き分けの場合は…

マット・ウェラー, 日本時間1241pm (NY時間10:41pm)

まだ長い道のりが残っており、多くの時間を費やすことは避けたいですが、選挙人団の決断が引き分けになった場合を想定しておく必要があります。バイデン氏がミシガン州、ウィスコンシン州、ネバダ州、アリゾナ州(早期カウントが彼にとってやや有利であった)を取るが、トランプがペンシルベニア州とオハイオ州(フロリダ州、ジョージア州、ノースカロライナ州に加えて)を取るならば、ホワイトハウスの勝者はME-2またはNE-2のような非州選挙区の選挙票の一部に降りてくるかもしれないのです。

言うまでもなく、 激戦州での引き分け(または<280票の勝利)は、私たちが想像しうる2020年の最大の出来事でしょう。


ペンシルバニア州 本日中の結果判明は無理か

マット・ウェラー,日本時間12:24pm (NY時間10:24pm)

リアルタイム記事をご覧いただき、ありがとうございます。

もし今夜、明確な結果を期待しているのなら…期待しないことをお勧めします。

ペンシルベニア州の一部の郡では、本日中に開票することさえできず、フィラデルフィアに至っておよそ30万票の集計が今夜中には困難であると宣言しました。ペンシルバニア州は激戦州の一つであり、大統領選挙全体に影響を及ぼすカギになることはほぼ確実ですが、集計は今週の金曜日頃まで長引くと見られます。

どちらか一方の候補者に望みを託す前に、上記の点は覚えておいてください。



ナスダック市場が世界を席巻

マット・ウェラー, 日本時間12:11pm (NY時間10:11pm)

トランプ氏がBetFair(オンラインブックメーカー)のオッズで3:1と設定されるようになったので、株式トレーダーは積極的に新トランプ取引を行っています。ナスダック100先物は、先に述べたように、今夜は2%以上高く取引されていますが、小型株に焦点を当てたラッセル2000の株式は横ばいです。言い換えれば、トレーダーは、苦戦している中小企業を「救済」するための大規模な刺激法案のオッズが低下しており、巨大テクノロジー企業が市場シェアを奪い続ける可能性があると予測しているようです。



激戦州以外で注目すべき州は?

マット・ウェラー, 2:51 GMT (9:51 ET)

投票は下記の州で午後 10:00 (米国東部時間) に終了します。

  • アイオワ州
  • モンタナ州
  • ネバダ 州
  • ユタ 州

上記に挙げた州のいくつかは重要な州と見なされていますが、選挙戦の決定打となる可能性は低く、多くのトレーダーは激戦州により強い注目を置いています。この時間帯は他の州の期日前投票の開票結果が速報される時間帯でもあります。大手メディアは時期尚早とし明確な結果を口にしたがらないと思われます。トレーダーは今夜の状況に基づいて最終のポジションを見極めていくものと思われます。

上記に基づき、アイオワ州で繰り広げられているデッドヒート(エルンスト氏 VSグリーンフィールド氏)と、モンタナ州のわずかな共和党のリード(デインズ氏 vs.ブロック氏)など、この時間帯は主要な上院選挙が2あります。上院の選挙戦が平行線の場合、これら2つの州がカギを握ると見られるため、注目に値するでしょう。



米国債利回りが生み出すもの

マット・ウェラー, 2:48 GMT (9:48 ET)

0.93%を超えてピークを迎えた後、米長期国債の利回りは現在わずか0.82%に低下しています。選挙戦が接戦となり最終決断が連邦裁判所で行われる可能性も否めない状況で、保守的な動きをするトレーダーも出てくるかもしれません。我々の予想した選挙戦の延長は現実味を帯びてきていますが、結果はいかに・・・。



ブックメーカーのBetFairはトランプ氏優勢

マット・ウェラー, 2:26 GMT (9:26 ET)

PredictItでは下降気味だったトランプ氏ですが、オンラインブックメーカーのBetFairでは現在、トランプ氏の勝利が優勢だそうです。先ほど我々は、民主党陣営は4年前の選挙戦と同様に沈みゆく感覚に陥りましたが、まだ激戦州の1つの結果に過ぎません。トランプ氏は今、ジョージア州とノースカロライナ州の両州で優勢と見え、今回の選挙戦はまさにコイントスのようです (再度申し上げますが、今夜、結果が明らかになる可能性は低いと思われます)。

 

ソース: ニューヨークタイムズ紙

大統領選挙とは別に、民主党はコロラド州の上院議席を確保しました。共和党が(少なくとも南東部では)世論調査を逆転する可能性があるが「ブルーウェーブ」は当初よりも可能性が低いように見える。


ナスダック先物が新高値を記録

マット・ウェラー, 2:22 GMT (9:22 ET)

フロリダ州の結果がトランプ氏に傾いた後、ここ1時間ほどの市場はやや落ち着きを見せています。1つ興味深い例外はナスダック100先物です。トランプ氏とバイデン氏は、大手テクノロジー企業に対して若干懐疑的な見方示していますが、世界的なパンデミックがこれらの巨大企業に大きな影響を与えていないことを鑑みると、おそらくトレーダーは今回の選挙も同様であると見込んでいるのではないでしょうか。

ソース: トレーディングビュー, ゲインキャピタル



この時間帯から他の重要な州の実況が開始します。

マット ウェラー, 1:55 GMT (8:55 ET)

投票は以下の州にて、午後 9 時 (米国時間) に終了します。

  • アリゾナ州 *
  • コロラド州
  • カンザス州
  • ルイジアナ州
  • ミシガン州 *
  • ミネソタ州 *
  • ネブラスカ州
  • ニューメキシコ州
  • ニューヨーク州
  • ノースダコタ州
  • サウスダコタ州
  • テキサス州
  • ウィスコンシン州 *
  • ワイオミング州

この時間帯は、アリゾナ州、ミシガン州、ミネソタ州、ウィスコンシン州の最後の激戦州から結果を得ることができます。記憶に新しい、ミシガン州やウィスコンシン州のような中西部の上半期の民主党の「青い壁」は4年前に崩壊し、トランプ氏に驚きの勝利を届けました。世論調査に基づいて、これらの州(および隣のミネソタ州)でのもう一つの驚きの確率は、4年前の選挙戦よりも長く、ペンシルベニア州で見たように、トランプ氏がこれら3つの州のいずれかを捕らえることができれば、トランプ氏の再当選に一歩近づきます。一方、アリゾナ州は近年、強い共和党から民主党寄りへの傾向が見られ、バイデン氏にとって仮にペンシルバニア州を失った際の「バックアッププラン」と言えるでしょう。

上院に関しては、この時間帯に最も注目すべきレースはカンザス州(マーシャル氏 vsボリエ氏)からです。



ベット市場がこれまでのモデラーを打ち負かす

マット・ウェラー, 1:49 GMT (8:49 ET)

開票前に我々は、選挙研究者たちの予測が正しいのか(トランプ氏の勝利確率は3-10%と予測)、またはベット市場(様々なイベントに対しオッズを賭けるブックメーカー)の予測が正しいのか(トランプ氏の勝率を35-40%と予測)問いました。結果はまだ明らかになっていませんが、これらの予測から大幅に外れる可能性は低く感じられます。

どのような結果になろうとも、心の準備はいまから整えておきたいですね。



ノースカロライナ州へ焦点がシフト

Matt Weller, 1:32 GMT (8:32 ET)

フロリダ州の結果の大多数が、トランプ氏が同州での勝利を収める可能性が非常に高いと読み、多くのトレーダーがノースカロライナ州に焦点を移しています。フロリダ州とは異なり、ノースカロライナ州から決定的な結果を得られないかもしれません。同州もトランプ大統領にとって「勝たなければならない」州の一つであり、結果は62%の表が集計されたようです。

ソース: NYTアップショット

あいまいな、引き出され、重く訴訟を起こす可能性が高まっていることも、米国の指数先物、より高利回りの通貨、石油などのリスク資産にダンパーを置く可能性があります。



リスクとインフレ資産の停滞か

Matt Weller, 1:20 GMT (8:20 ET)

上院多数派指導者ミッチ・マコネルはケンタッキー州の議席を守ることに成功し、フロリダ州はトランプ氏に好意的な印象を残しています (下記参照)。市場は、おそらく1月に「ブルーウェーブ」と関連する大規模な刺激法案の確率が低いため、これをリスクオフサインとして受け取っているようです。

  • DJIA先物 -400過去30分
  • 同期間の豪ドル/米ドル -50ピップ
  • ゴールドでさえ、-“低い流動性条件でミニ「フラッシュクラッシュ」で1900年を下回った

ソース: トレーディングビュー, ゲインキャピタル



フロリダ フロリダ フロリダ!

Matt Weller, 0:27 GMT (7:27 ET)

開票の初期段階の結果は、フロリダから始まりました(恐らく今夜の注目ナンバー1の州であろうと思われます)。先に述べたように、期日前投票や郵便投票の結果知ることは現段階では不可能であるため、不完全な結果を信じ切ることはできませんが、ニューヨークタイムズ紙の「Needle(ニードル)」によると、フロリダ州の投票は41%でトランプ氏に傾いています(フロリダ州はトランプ氏にとって、必ず勝たなければならない、重要な州です)。

ソース: NYTアップショット



リフレーション取引?

Matt Weller, 0:22 GMT (7:22 ET)

明らかに時期尚早ではあり、全てが選挙によるものではないかもしれませんが、ベンチマークとして10年債利回りが0.93%、11ヶ月ぶりの高値、金が1915ドルまで上昇し、ビットコインが14,000ドルを超えるなど、早期入札をキャッチしているのは興味深いことです。民主党の「ブルーウェーブ」の結果が最もインフレの結果になると推測する人もいましたが、私はまだその結果を指し示す説得力のある結果を見ていません。



投開票がスタート

Matt Weller, 0:10 GMT (7:10 ET)

この時間を始めるのを見ているものは次のとおりです(木曜日の 「選挙2020:州ごとのプレイブックと時間単位のプレイブック」の 記事から):

投票は下記の州で、午後7時(米国) に終了します。

  • ジョージア州 *
  • インディアナ
  • ケンタッキー
  • サウスカロライナ
  • バージニア
  • バーモント 州

投票は下記の州で、午後7時30分(米国)に終了します。

  • ノースカロライナ州 *
  • オハイオ 州
  • ウェストバージニア州

開票初期段階では、ジョージア州とノースカロライナ州の2つの重要なスイング/潜在的な「転換ポイント」があります。投票者によると、ジョージア州とノースカロライナ州は本質的にデッドヒート(ノースカロライナ州のバイデン氏に傾く可能性がある)ですが、トランプ氏にとっては勝たなければならない州のひとつです。異なる州の間の相関関係を説明するFiveThirtyEight勝者ツールは、トランプが全体的な選挙に勝つ確率が、上記の両州を獲得できた場合、およそ3分の1の確率に上昇することを示していますが、これらの州のどちらかを失った場合は1%以下に低下します。これらの州からの初期の開票結果が、明確にバイデン氏の勝利(民主党に有利な状態)を指している場合、トレーダーはペンシルベニア州やフロリダ州のような他の主要なスイング状態からの結果を待つのではなく、積極的にプロ・バイデン取引を行うかもしれません(保守的なパンハンドル地域を除き、フロリダ州の大部分はこのウィンドウ中に報告を開始します)。

また、ジョージア州で最もタイトなレースの2つ(数週間は決まらない特別選挙を含む)とノースカロライナ州で同様に厳しい戦いが予想されます。これらの州から見るべき最後の上院のレースは、著名な共和党が民主党の挑戦者ジェイミー・ハリソン氏をわずかに持っているが、乗り越えられないサウスカロライナ州のリンジー・グラハムの議席になります。これらの初期の州からの上院のレースの結果は、民主党が大統領、上院、下院を支配する「ブルーウェーブ」選挙がテーブルの上に残っているかどうかを決定するために長い道のりとなるでしょう。

[ノースカロライナ州の選挙結果は午後8時15分(米国)まで遅れていますのでご注意ください]



市場の現在の状況

Matt Weller, 23:54 GMT (6:54pm ET)

開票前の市場の状況についてクイックに確認してみましょう - 我々アナリストチームでは夜を徹して下記の重要な指標をモニターし続けています:

DJIA先物 = 27,564

ナスダック先物 = 11,315

ユーロ/米ドル = 1.1756

米ドル/円 = 104.64

豪ドル/米ドル = 0.7139

WTI原油 = 38.60

ゴールド = 1914

自己財務利回り(10年) = 0.90%

ソース: トレーディングビュー, ゲインキャピタル



選挙モデル vs ベット市場:茶葉を正しく読んでいるのは誰ですか?

マット・ウェラー, 23:45 GMT (6:45pm ET)

多くのトレーダーにとって、4年前にヒラリー・クリントン氏を破ったトランプ氏の勝利は脳裏に焼き付いていることと思います。ここ数週間繰り返し指摘してきたように、トランプ氏は今回の世論調査でさらに遅れをとっており、エコノミストやFiveThirtyEightのような主要な選挙モデル 、現職にそれぞれ3%から10%のチャンスを与え、勝利のチャンスを与えています。

学者や研究者は、この時点でほぼトランプ氏の敗北を示唆するものが多い中、ベット市場でのオッズはトランプ氏の勝利を予測するものが多いようです。 PredictItでは、トランプの暗黙の勝利の確率は、主要な激戦州での接戦を幾つかの世論調査によって後押しされ、約40%(!)に上昇しています。夜が明ける頃には、誰の読みが的中したかが明確になります。

ソース: 予測イット



早期投票と「リアルタイム」スイング状態予測を処理する方法

マット・ウェラー, 23:40 GMT (18:40 EST)

驚くべき1億人ものアメリカ人が期日前投票を行うという、前代未聞の発展を見せている今回の選挙戦。今年は選挙戦ウォッチは遥かに困難を極めています(当ブログも同じくです!)

大まかに説明すると、これらの期日前投票はアメリカ全体の人口よりも民主的である傾向があり、多くの州では選挙日まで票の集計ができません。また、始めに集計がされるのは選挙戦の当日の投票であり、そのため、開票直後はトランプ氏がリードを示す可能性が高いです。投開票日の夜中、または数日をかけて、郵送投票の集計が順調にいけば民主党のリードである「青いシフト」が現れる可能性もあります 。各州には独自の政策があるので、一部の州では共和党に有利な「赤いシフト」の傾向もあるかもしれません。

参考までに、AP通信は過去のアメリカ大統領選挙の結果時刻を明らかにしましたが、今年の選挙においてはタイムラインの予測はもはや不可能です。

  • 2016: 2:29午前 ET
  • 2012: 11:38午後 ET
  • 2008: 11:00午後 ET
  • 2004: 11:19午前 ET
  • 2000: [数週間後]
  • 1996: 9:00午後 ET

未集計または未発表の投票分布を予測することは困難であるため、本日の我々のライブブログ記事は不完全な投票結果を解釈する上で非常に保守的であることを計画しています。読者の皆様にもう1つお伝えしたいのは、ニューヨークタイムズのNeedleという有名な選挙データです。境内レベルのデータを使用してリアルタイムの投票シェアや確率に関する情報が得られます。前述の制限により、ニューヨークタイムズはフロリダ州、ジョージア州、ノースカロライナ州の主要な南部スイング州のみをカバーしています。今年は前例のない選挙戦ですので、トレーダーの皆様におかれましては、Needleだけに基づいて決断をするのは慎重になるべきです。



Title: 歴史的な日の幕開け

Matt Weller, 23:30 GMT (6:30pm ET)

大統領選挙運動の複数年にわたる長いキャンペーンの後、ついに訪れた投開票日の夜。今夜の大統領選挙の勝者は必ずしも分からないかもしれませんが(詳細は後述します)、現時点以上の負荷は明確で、トレーダーはすべての新しい情報をリアルタイムで収集していることと思います。

本日のライブブログでは、すべての投票データ、賭け確率の変化、市場動向を分析して、トレーダーの皆様へ有益な情報をお届けしたいと思います。私と米国のジョー・ペリー、オーストラリアのトニー・シカモア、そして必要に応じて英国のフィオナ・シンコッタを含むグローバル研究チームが、世界中から24時間体制で記事を提供していますので、本日は1日

ぜひFOREX.comで最新情報を収集してください。

本レポートに記載されている情報や見解は、一般的な情報としての使用のみを目的としたもので あり、通貨、CFD、その他あらゆる金融商品の、購入や売却に関する勧誘や依頼の意図は全くあ りません。本文書に盛り込まれている、いかなる見解や情報も、予告や通知なく変更することが あります。本文書は、特定の投資目的や、何らかの財務的背景、特定の受領者の意思などに沿っ て書かれ配布されたものではありません。本文書内で引用・言及されている、あらゆる過去の価 格データ・価格推移データは、当社独自の調査や分析に基づいており、当社はそのデータの提供 元やそのデータそのものの信頼性につき、いかなる保証もせず、また筆者や訳者、各国の支社・ 支店も、本文書の内容の正確性や完全性についても一切保証しません。本文書については英語版 を原版とし、翻訳版と原版で相違がある場合には、原版の内容が優先するものとします。本文書 の内容に基づく直接または間接の損失、そして本文書を信頼したことによる、いかなる人物や団 体が結果的に引き起こした損失についても、当社は一切その責を負いません。

先物取引、先物オプション取引、外国為替証拠金取引(またはFX)、CFD、その他、入金額より もレバレッジをかけて、より大きな金額で取引をする金融商品には、当初入金額を超える大きな 損失を被るリスクがあり、すべての人に適するわけではありません。レバレッジを大きくして取 引すると、その分リスクも高くなります。金スポットや銀の取引は、米国商品取引法(U.S. Commodity Exchange Act)の規制で保護されていません。また、差金決済取引(CFD)は米国 在住者の取引は許可されていません。外国為替証拠金取引(FX)や商品先物取引を行う前には、 投資目的、投資経験、リスク許容範囲等について十分検討する必要があります。本文書内にある、 いかなる見解、ニュース、調査、分析、価格その他についても、「本文書を読むいかなる人物や 団体も、FOREX.comが、投資、法的、税務に関して助言するものではないことを理解している」 ことを前提として、一般的な情報として提供されるものです。いかなる投資、法的、税務に関す る事柄についても、適切な専門家や助言者に相談をしてください。FOREX.comは、米国の商品先 物取引委員会(CFTC)、英国の金融行動監督機構(FCA)、オーストラリアのオーストラリア証 券投資委員会(ASIC)、日本の金融庁の規制を受けています。