注目記事

今週の為替相場予想 12/2 - 12/6

今週の為替相場予想 12/2 - 12/6

国際テクニカルアナリスト連盟 認定テクニカルアナリスト(CFTe)
高野 貴義

先週のドル円は約半年振りとなる109.66を達成。11月28日の米感謝祭と月末要因で積極的な取引が手控えられる中、米中通商協議の進展期待に加え複数の米経済指標の改善を材料にドル買いの動きが活発化した。感謝祭前日の27日に発表された米7-9月実質国内総生産(GDP)改定値は+2.1%と事前予想の+1.9%から改善し、米10月耐久財受注は+0.6%と前回の-0.8%を大幅に上回るなど、米国景気の好調がドルを支援することとなった。
さて今週ですが、高値への警戒感はあるものの、110円を試す展開が予想されます。チャートを見ると、週足均衡表において実線が雲のねじれ(109.70)に差し掛かっており同水準を上抜けできると、強い上昇トレンドが発生することになります。仮にこのねじれ水準を上抜けできなかった場合でも20日移動平均線(108.94)や日足均衡表の基準線(108.84)などが強いサポートになり、下値の固い展開が予想されます。なお、週末に予定されている米11月雇用統計では非農業部門雇用者数の増加が予想されており、ドルの支援材料になることが予想されます。一方で、リスク面として考慮すべきは米中通商協議の進捗具合です。トランプ米大統領は27日、香港の反政府デモを支援する「香港人権・民主主義法案」に署名し、同法が成立。これに対し、中国政府が「断固とした報復措置」を取ると反発するなど、当初の楽観ムードからにわかに不透明感が増しており、米中の要人発言等で市場環境が一転する懸念はくすぶることが予想されます。

今週の予定
12月2日(月)
豪10月住宅建設許可件数
中11月製造業購買担当者景気指数(PMI)
トルコ11月製造業購買担当者景気指数(PMI)
トルコ7-9月国内総生産(GDP)
仏11月製造業購買担当者景気指数(PMI)改定値
独11月製造業購買担当者景気指数(PMI)改定値
欧11月製造業購買担当者景気指数(PMI)改定値
英11月製造業購買担当者景気指数(PMI)改定値
欧州中銀(ECB)ラガルド総裁、発言
米11月製造業購買担当者景気指数(PMI)改定値
米11月ISM製造業景況指数
米10月建設支出

12月3日(火)
英11月小売売上高調査
豪7-9月経常収支
豪オーストラリア準備銀行(RBA)政策金利発表
仏10月財政収支
英11月建設業購買担当者景気指数(PMI)
欧10月卸売物価指数(PPI)

12月4日(水)
豪7-9月国内総生産(GDP)
中11月サービス部門購買担当者景気指数(PMI)
仏11月サービス部門購買担当者景気指数(PMI)改定値
独11月サービス部門購買担当者景気指数(PMI)改定値
欧11月サービス部門購買担当者景気指数(PMI)改定値
英11月サービス部門購買担当者景気指数(PMI)改定値
米11月ADP雇用統計
加7-9月労働生産性指数
米11月サービス部門購買担当者景気指数(PMI)改定値
米11月総合購買担当者景気指数(PMI)改定値
加カナダ銀行、政策金利
米11月ISM非製造業景況指数

12月5日(木)
豪10月小売売上高
豪10月貿易収支
独10月製造業新規受注
欧10月小売売上高
欧7-9月域内総生産(GDP)確定値
加10月貿易収支
米10月貿易収支
加11月Ivey購買部協会指数
米10月製造業新規受注

12月6日(金)
日10月全世帯家計調査・消費支出
独10月鉱工業生産
仏10月貿易収支
仏10月経常収支
加11月失業率
加11月新規雇用者数
米11月失業率
米11月非農業部門雇用者数変化
米11月平均時給
米10月卸売在庫
米12月ミシガン大学消費者態度指数・速報値


チャートはこちら