注目記事

今週の為替相場予想 12/23 - 12/27

今週の為替相場予想 12/23 - 12/27

国際テクニカルアナリスト連盟 認定テクニカルアナリスト(CFTe)
高野 貴義

先週のドル円は109円台半ば水準で底堅い動き。トランプ米大統領の弾劾訴追がマーケットの混乱要因になると思われたが、民主党のペロシ下院議長が決議案の上院への提出を来年1月初めの議会休会明けまで見合わせるとの見方が強まり、マーケットは堅調な動きを維持した。また、20日に発表された米7-9月実質国内総生産(GDP)確報値は前期比年率で+2.1と改定値と同じ数値を維持し、米11月個人消費支出や米11月個人所得が前月比で好調な数値が示されるなど、ドル円は安定した動きを見せた。
さて今週ですが、クリスマス休暇を間近に控え模様眺めムードの強い展開が予想されます。チャートを見ると、実線は20日移動平均線(109.10)や日足均衡表の基準線(109.07)をサポートにした底堅い動きを継続し、12月2日高値(109.72)を試す展開。同水準は週足均衡表の雲の上限(109.71)に近く、ここを上抜けできると一段高の可能性が高まります。一方で、109円を割り込んだ場合でも、日足均衡表の雲の上限(108.70)付近がサポートになり、下値は堅いと考えます。ただ、市場参加者が減少する時期のため、急な値動きに備え、口座管理をしっかりしたいところです。

今週の予定
12月23日(月)
日10月全産業活動指数
日10月景気先行指数(CI)改定値
日10月景気一致指数(CI)改定値
独11月輸入物価指数
加10月月次国内総生産(GDP)
米11月耐久財受注
米11月新築住宅販売件数

12月24日(火)
日銀・金融政策決定会合議事録
米12月リッチモンド連銀製造業指数

12月25日(水)
クリスマス(米、英、欧等)
日11月企業向けサービス価格指数

12月26日(木)
ボクシングデー(英、欧等)
日11月新設住宅着工戸数

12月27日(金)
日11月失業率
日11月有効求人倍率
日11月小売業販売額
日11月鉱工業生産・速報値


チャートはこちら