注目記事

ユーロ円は息切れ

6月6日

国際テクニカルアナリスト連盟 認定テクニカルアナリスト(CFTe)
高野 貴義

<ドル円>
5日のドル円は米経済指標の悪化を受けて、半年ぶりとなる107.81まで下落。この日発表された米5月ADP民間雇用統計が+2.7万人と事前予想の+18.0万人を大きく下回り、2010年3月以来9年2カ月ぶりの小幅な伸びにとどまったことが影響した。その後、発表された米5月ISM非製造業総合指数が改善したことを受けて108.47まで切り返したものの、高値を維持できず108円ちょうど付近まで押し戻されることとなった。チャートを見ると、実線は節目108円を挟んだ攻防を継続。108円よりも下の水準が常態化した場合は5月13日安値(109.01)からのV計算値(107.36)まで下値余地が広がることになります。切り返しが入った場合でも、5日の高値(108.47)までにとどまると考えます。週末に予定されている米5月雇用統計まではポジション調整が中心の取引となりそうです。
本日の予想レンジ107.90~108.60

<ユーロ円>
5日のユーロ円は前日の流れを引き継ぎ122.26まで上昇。先月31日の急落に対するテクニカル的な戻りがユーロの切り返しにつながった。チャートを見ると、実線は4月後半以降、上値抵抗として機能している20日移動平均線(122.24)までの戻しに成功。ただ、高値を維持できず、直近の上値抵抗になっていた日足均衡表の転換線(121.73)まで押し戻されており、上値を追う展開ではないと考えます。本日は欧州中銀(ECB)の政策決定会合が予定されています。4日-5日に発表された欧州経済指標は下振れしており、ECBの発表内容次第では、再び6月30日安値(120.77)まで押し込まれる可能性もあるため注意が必要です。
本日の予想レンジ121.30~122.30

<豪ドル円>
5日の豪ドル円は行って来い。75円台半ば水準から75.89まで上昇したものの、75.39まで押し戻されて取引を終えた。この日発表された豪1-3月国内総生産(GDP)は前年比で+1.8%と10年ぶりの低い伸びにとどまったが、事前予想通りの結果ということでマーケットの反応は限定的だった。チャートを見ると、実線は20日移動平均線(75.65)の下で推移しており、この水準を終値ベースで抜けてくるまでは基調は弱いままだと考えます。
本日の予想レンジ75.30~75.70


チャートはこちら

本レポートに記載されている情報や見解は、一般的な情報としての使用のみを目的としたもので あり、通貨、CFD、その他あらゆる金融商品の、購入や売却に関する勧誘や依頼の意図は全くあ りません。本文書に盛り込まれている、いかなる見解や情報も、予告や通知なく変更することが あります。本文書は、特定の投資目的や、何らかの財務的背景、特定の受領者の意思などに沿っ て書かれ配布されたものではありません。本文書内で引用・言及されている、あらゆる過去の価 格データ・価格推移データは、当社独自の調査や分析に基づいており、当社はそのデータの提供 元やそのデータそのものの信頼性につき、いかなる保証もせず、また筆者や訳者、各国の支社・ 支店も、本文書の内容の正確性や完全性についても一切保証しません。本文書については英語版 を原版とし、翻訳版と原版で相違がある場合には、原版の内容が優先するものとします。本文書 の内容に基づく直接または間接の損失、そして本文書を信頼したことによる、いかなる人物や団 体が結果的に引き起こした損失についても、当社は一切その責を負いません。

先物取引、先物オプション取引、外国為替証拠金取引(またはFX)、CFD、その他、入金額より もレバレッジをかけて、より大きな金額で取引をする金融商品には、当初入金額を超える大きな 損失を被るリスクがあり、すべての人に適するわけではありません。レバレッジを大きくして取 引すると、その分リスクも高くなります。金スポットや銀の取引は、米国商品取引法(U.S. Commodity Exchange Act)の規制で保護されていません。また、差金決済取引(CFD)は米国 在住者の取引は許可されていません。外国為替証拠金取引(FX)や商品先物取引を行う前には、 投資目的、投資経験、リスク許容範囲等について十分検討する必要があります。本文書内にある、 いかなる見解、ニュース、調査、分析、価格その他についても、「本文書を読むいかなる人物や 団体も、FOREX.comが、投資、法的、税務に関して助言するものではないことを理解している」 ことを前提として、一般的な情報として提供されるものです。いかなる投資、法的、税務に関す る事柄についても、適切な専門家や助言者に相談をしてください。FOREX.comは、米国の商品先 物取引委員会(CFTC)、英国の金融行動監督機構(FCA)、オーストラリアのオーストラリア証 券投資委員会(ASIC)、日本の金融庁の規制を受けています。