注目記事

11月3日の投開票日に決着がつかない場合は?

2020年に起きているあらゆる出来事がそうであったように、11月3日の投開票日も予測がつかない状況です。先週述べたように、ジョー・バイデン元副大統領は明確なフロントランナーです。この時点で、トランプ大統領が再び驚きの勝利を引き出すためには、共和党の優位性に加えて、2016年同様の世論調査と投票エラーが必要かもしれません。しかし、今年はこれまでに予想外の前例のない数え切れないほどの展開がありましたので、いかなる可能性も排除できません。

最終的にどちらの候補者が当選するかに関係なく、選挙結果が11月3日の夜発表されない可能性は比較的高いです。COVID-19パンデミックが全米中で猛威を振るう中、記録的な数の市民が不在者投票を投じると予想されており、ペンシルベニア州、ミシガン州、ウィスコンシン州、ノースカロライナ州などの激戦州を含む多くの州では、選挙日の後の集計が法律で認められています。。一部の専門家が最終的に総投票数の35〜40%を占めるだろうと予想している郵送投票の増加は、「大統領選挙日」というコンセプトを覆す出来事です。実際、10月13日の執筆時点では、すでに1100万以上の票が投じられており、2016年の総投票数の8%を占めています。

不在者投票が記録的な数を数えることから、トランプ大統領は彼が負けた場合、選挙の結果を受け入れないかもしれないと繰り返しほのめかしています。先月、トランプ大統領は結果がどうであれ、選挙後の平和的な政権移行を約束しますか」と尋ねられ、「我々は何が起こるかを見届けなければならない。私は投票について非常に強い懸念を示し続けていますが、投票は大惨事です。」と返答しています。第1回目の討論会でトランプ大統領は平和的な政権移行にはほとんど触れず、選挙結果を尊重するかどうかという問題に結果が待ち遠しい」と答えました。

米国大統領の権力は包括的ではないが、選挙人団の代表者から共和党上院で可決される新しい法律、ますます保守的な最高裁判所まで、トランプ大統領は明らかに様々な弊害に立ち向かう術を知っています。経験豊富なトレーダーは、最終的に最高裁判所によって決定された2000年の厄介な選挙を思い出し震えているかもしれません。時間が経つにつれ選挙の方向性は明確になっていくと思いますが、あいまいな結果や選挙日に結果が発表されない可能性は通常の選挙戦よりもはるかに高いことが明らかです。

選挙の遅れによる市場への影響

上記で述べた分析は新しい情報ではありません。言い換えれば、将来を見据えたトレーダーは、選挙の結果がすぐに明らかにならない可能性を前提にリスクを考慮した価格設定しています。したがって、トレーダーにとって重要な考慮事項は、選挙結果の遅延(する場合)の長さです。市場に対して、下記3つのシナリオが考えられます。

1)当選者が投開票日に明らかになる場合

上述のとおり、このシナリオは通常よりも可能性は低くなりますが、除外することはできません。投票データに基づいて、このシナリオの可能性が最も高いのは、バイデン候補が結果が遅い郵便投票や共和党からの法的な指摘に耐えうる十分な票を得ている場合です。この場合、反射的な「リスクオン」反応が起こる可能性があります。言い換えれば、世界の株式市場指数は反発し、スイスフランや日本円を犠牲にして高利回りの通貨が地盤を得る可能性があり、トレーダーの最悪のシナリオがテーブルから外れるにつれて、国債は売り払われる可能性があります(利回りが上昇する可能性があります)。その時点で、トレーダーは民主党の具体的な政策の優先順位を見据え、刺激策の可能性と利益を得る可能性のある特定の産業を評価し始めるでしょう。

2)当選者が11月上旬/中旬に決定される場合

当社の分析に基づいて、これは現状の市場の「ベースケース」シナリオで、市場の動きはそこまで劇的ではないと見込まれます。しかし、結果が判明すると、市場は短期間の不確実性を素早く超え、勝者の特定の政策(上院を支配する政党との組み合わせ)を異なる市場のドライバーとして見据える必要があります。

3)当選者が11月後半(もしくはそれ以降)まで判明しない場合

これは最も好まれない結果です。本格的な憲法上の危機、米国の世界の舞台での地位の喪失、広範囲にわたる市民不安は、結果に対する不確実性がいつまで続いているかに応じて、すべて行われる可能性があります。この状況が進むと、株式や高利回り通貨などのリスク資産が圧迫され、スイスフラン、日本円、金などが恩恵を受ける可能性があります。世界的な投資家がより広く米国の安定に疑問を持ち始めた場合、米ドルや米国債のような伝統的な米国の安全な避難所資産は、通常の入札をキャッチできない可能性があります。

出典: GAIN Capital, TradingView

近年見てきたように、どの候補者が特定の選挙に勝つかをハンディキャップするのは十分に難しいですが、今年は選挙結果がいつ発表されるのかという不確実性に取り組む必要があるかもしれません。この歴史的な選挙において最良の戦略は、上記のように異なるシナリオでゲームプランをレイアウトし、最新情報に対して柔軟に対応できるよう構えておくことです。


本レポートに記載されている情報や見解は、一般的な情報としての使用のみを目的としたもので あり、通貨、CFD、その他あらゆる金融商品の、購入や売却に関する勧誘や依頼の意図は全くあ りません。本文書に盛り込まれている、いかなる見解や情報も、予告や通知なく変更することが あります。本文書は、特定の投資目的や、何らかの財務的背景、特定の受領者の意思などに沿っ て書かれ配布されたものではありません。本文書内で引用・言及されている、あらゆる過去の価 格データ・価格推移データは、当社独自の調査や分析に基づいており、当社はそのデータの提供 元やそのデータそのものの信頼性につき、いかなる保証もせず、また筆者や訳者、各国の支社・ 支店も、本文書の内容の正確性や完全性についても一切保証しません。本文書については英語版 を原版とし、翻訳版と原版で相違がある場合には、原版の内容が優先するものとします。本文書 の内容に基づく直接または間接の損失、そして本文書を信頼したことによる、いかなる人物や団 体が結果的に引き起こした損失についても、当社は一切その責を負いません。

先物取引、先物オプション取引、外国為替証拠金取引(またはFX)、CFD、その他、入金額より もレバレッジをかけて、より大きな金額で取引をする金融商品には、当初入金額を超える大きな 損失を被るリスクがあり、すべての人に適するわけではありません。レバレッジを大きくして取 引すると、その分リスクも高くなります。金スポットや銀の取引は、米国商品取引法(U.S. Commodity Exchange Act)の規制で保護されていません。また、差金決済取引(CFD)は米国 在住者の取引は許可されていません。外国為替証拠金取引(FX)や商品先物取引を行う前には、 投資目的、投資経験、リスク許容範囲等について十分検討する必要があります。本文書内にある、 いかなる見解、ニュース、調査、分析、価格その他についても、「本文書を読むいかなる人物や 団体も、FOREX.comが、投資、法的、税務に関して助言するものではないことを理解している」 ことを前提として、一般的な情報として提供されるものです。いかなる投資、法的、税務に関す る事柄についても、適切な専門家や助言者に相談をしてください。FOREX.comは、米国の商品先 物取引委員会(CFTC)、英国の金融行動監督機構(FCA)、オーストラリアのオーストラリア証 券投資委員会(ASIC)、日本の金融庁の規制を受けています。