注目記事

2020年アメリカ大統領選挙:選挙戦の追い込み状況と市場の価格設定は?

どちらの候補者も譲歩しない接戦の結果は、世界の株式市場やリスクに敏感な通貨において、不安定で下振れの動きが起こり得る可能性が高くなります。

近年まれにみる最も厄介なアメリカ大統領選挙ですがゴールは目前に迫っています。投開票日の夜、確実な当選結果は出ないかもしれませんが、トレーダーは何ヶ月も乱高下するアメリカの政治状況を追い続け、市場動向と経済データに熱心に焦点を当て始めています。

現在の選挙レースの状況は?

投開票日まで1週間を切った現在の状況はどうでしょうか?実は3週間前の状況とさほど変わりはないと言えます:ジョー・バイデン元副大統領(以下、バイデン氏)は、現職のドナルド・トランプ大統領(以下、トランプ氏)を一歩リードしていますが、予断を許さない状況です。現状ではRealClearPoliticsの投票平均51-43、FiveThirtyEight投票平均で52-43と、バイデン氏がリードしています。これらの世論調査やその他のデータに基づいて、選挙モデルは投票が合計されたときにバイデン氏が勝利する可能性が高いことを示唆しており、FiveThirtyEightはバイデン氏に88%の勝利の確率を与え、エコノミストはバイデン氏のオッズを95%に固定しています(本記事の執筆時点)。パンターズの評価は若干保守的であり、PredictItは約61%の確率でアメリカの次期大統領になるであろうと予測しています。

数々のドラマがあり注目度を集めている今回の大統領選挙で見落としがちなのが、上院議会のコントロールについてです。GOPは現在、53人の上院議員で過半数を占めていますが、今期23議席とグラブのための唯一の12の民主党の議席を守る必要があります(50-50で引き分けの場合、副大統領が決定票を投じるため、大統領選挙も上院のカギとなります)。現状では、FiveThirtyEightは民主党にバイデンの勝利と組み合わせた上院の支配権を74%引き取る可能性を与え、民主党がより多くの議題を制定できる「ブルーウェーブ」シナリオを作り出すだろう(「グリーン・ニュー・ディール」、積極的な財政刺激策、税制改革、より大きな規制など)。もう一度、パンターはよりバランスが取れ、民主党が上院の支配権を確保する60-40のオッズを予測しています。

市場「価格設定」は?

経験豊富なトレーダーが口をそろえて言うのは、市場は常に前向きであるということ。それを踏まえ彼らは取引戦略を立て、公式になるニュース発表を待ってなどいません。例として、世界中のCOVID-19パンデミックとそれに続く経済停滞があります。世界の株式市場では、今年半ばにかけて経済活動が急激に減少することが明らかになり、2月下旬と3月上旬に世界中で約-30%下落しました。その際トレーダーは、7月に発表される第2四半期GDPレポートの発表を待たずとも行動を起こしています。実際その頃には、前例のない世界的な金融・財政刺激策とワクチン開発に対する前向きな早期兆候を受けて、市場はすでに2021年の景気回復の可能性を見据えていました。

上記の投票データとトレンドは、正確には独自の情報ではありません。トレーダーはすでに選挙の夜に起こりえる様々なシナリオに備えています。投票が「予想通り」に行けば、市場の動きは一部のアナリストが恐れているよりも落ち着いているかもしれません。実際、世論調査で見た最近の変化の一部は、選挙に対する混沌とした不安定な反応でトレーダーに価格を設定するよう促しています。「ブルーウェーブ」シナリオのオッズの上昇に対応して、11月と12月のVIX先物の価格はここ数週間で下落しており、トレーダーは8月と9月よりも選挙にまつわるボラティリティが低い予想を示唆しています。

それはトレーダーにとって何を意味するのでしょうか?どちらの候補者も譲歩しない接戦の結果を期待する場合は、世界の株式市場やリスクに敏感な通貨における不安定で下振れの動きが起こり得る可能性が高くなります。逆に、明確な地滑り選挙の勝利は、結果をめぐる争いの法的闘争のリスクが回避されるため、世界的なリスク資産の「救済集会」につながる可能性があります。しかし最近の先物価格の変化は、トレーダーがそのシナリオにますます賭けていることを示唆しているので、大きな動きにはつながらないかもしれません。

同様に、グリーンエネルギーやマリファナ株などの特定のセクターは、特に完全な「ブルーウェーブ」を見た場合、バイデン氏の勝利の恩恵を受ける可能性があります。一方、より伝統的なエネルギーや石炭の名前とメディア企業は、別のトランプの動揺の恩恵を受ける可能性があります。一般的に言えば、市場は我々が結果をハンディキャップするのと同じデータを見ているので、現職大統領が4年前の選挙の夜に「クリントン貿易」の急激な風戻りを反映して、現職の大統領が別の任期を確保できれば、いわゆる「バイデン取引」の強気の動きは「トランプ取引」の潜在的な集会よりも小さくなるかもしれません。


本レポートに記載されている情報や見解は、一般的な情報としての使用のみを目的としたもので あり、通貨、CFD、その他あらゆる金融商品の、購入や売却に関する勧誘や依頼の意図は全くあ りません。本文書に盛り込まれている、いかなる見解や情報も、予告や通知なく変更することが あります。本文書は、特定の投資目的や、何らかの財務的背景、特定の受領者の意思などに沿っ て書かれ配布されたものではありません。本文書内で引用・言及されている、あらゆる過去の価 格データ・価格推移データは、当社独自の調査や分析に基づいており、当社はそのデータの提供 元やそのデータそのものの信頼性につき、いかなる保証もせず、また筆者や訳者、各国の支社・ 支店も、本文書の内容の正確性や完全性についても一切保証しません。本文書については英語版 を原版とし、翻訳版と原版で相違がある場合には、原版の内容が優先するものとします。本文書 の内容に基づく直接または間接の損失、そして本文書を信頼したことによる、いかなる人物や団 体が結果的に引き起こした損失についても、当社は一切その責を負いません。

先物取引、先物オプション取引、外国為替証拠金取引(またはFX)、CFD、その他、入金額より もレバレッジをかけて、より大きな金額で取引をする金融商品には、当初入金額を超える大きな 損失を被るリスクがあり、すべての人に適するわけではありません。レバレッジを大きくして取 引すると、その分リスクも高くなります。金スポットや銀の取引は、米国商品取引法(U.S. Commodity Exchange Act)の規制で保護されていません。また、差金決済取引(CFD)は米国 在住者の取引は許可されていません。外国為替証拠金取引(FX)や商品先物取引を行う前には、 投資目的、投資経験、リスク許容範囲等について十分検討する必要があります。本文書内にある、 いかなる見解、ニュース、調査、分析、価格その他についても、「本文書を読むいかなる人物や 団体も、FOREX.comが、投資、法的、税務に関して助言するものではないことを理解している」 ことを前提として、一般的な情報として提供されるものです。いかなる投資、法的、税務に関す る事柄についても、適切な専門家や助言者に相談をしてください。FOREX.comは、米国の商品先 物取引委員会(CFTC)、英国の金融行動監督機構(FCA)、オーストラリアのオーストラリア証 券投資委員会(ASIC)、日本の金融庁の規制を受けています。