注目記事

バイデン氏が当選–トレーダーへの影響は?

ジョージア州、ペンシルベニア州、アリゾナ州、ネバダ州などの州は、投票数の最終集計の途中ですが、 (トランプ大統領はまだいくつかの州で投票と再集計に関する訴訟をほのめかしています。)、ジョー・バイデン元副大統領はAPNBCCBSABC、フォックスニュース、CNNによって2020年のアメリカ大統領選挙の勝者として正式に発表されました

一方、上院は依然として均衡が保たれ、共和党の上院議員数は50人になりそうだし、2つのジョージア州の結果は2021年1月5日の特別選挙によって決まる(但し、現段階では非公式であるいくつかの結果は従来通りに、共和党に決まることを仮定している)。バイデンが大統領になると仮定すると、差異がない場合に決定権はカマラ・ハリス副大統領が握ることになるので、民主党は上院を僅かな差異で優位になるために、通常なら共和党を支持する州でこれらの選挙の両方ともに勝つ必要があります。民衆党が両方を獲得することは確かに可能ですが、少なくとも今後2年間は分割政府が予想され、市場に反映されているようです(民主党大統領、共和党上院、民主党下院)。

今後の市場の動きは?

繰り返し述べたように、トレーダーは先を見通す集団なので、選挙の夜以来見てきた動きを、今後数日間から数週間に予想される短期的な傾向の先駆けとして見ることができます。

FX市場に関しては、「強力ドル」は今週より「脆弱ドル」となっています。ドルは、今週の最も弱い主要通貨であり、主要なライバルすべてに対して1%以上下落し、復活したオーストラリアドルに対して3%以上下落しています。ドルはまた、スイスフランに対してほぼ6年ぶりの最低レベルで推移しています:

この動きの明らかに言える物語は、コロナウィルスの症例が米国全体で指数関数的に増加し、分割政府が可能性が高い中で、大規模な$2-3T +刺激パッケージはますます可能性が低くなっているということです。その見解が正しいことが証明されれば、冬の時期になるにつれて米国の回復が失速し、敏感な財政当局とウイルスをコントロールできている他国の通貨通貨がより魅力的になる可能性があります。