注目記事

米ドルは水曜日に、全ての主要通貨ペアに対して強く弱気だった。米国の経済データの最新情報については、米抵当銀行協会住宅ローン申請が11月13日に終わる週について、その前の週の-0.5%に比較し、0.3%下げた。死後に非農業部門雇用変化は、9月の改定値145.9万人から10月の月間で153.0万人(予想146.0万人)に急増した。 

木曜日に、11月14日で終わる週の新規雇用保険申請件数は、その前の週の70.9万人から70.0万人に下がることが予想されている。11月7日で終わる週の継続失業保険申請件数は、一週間前の698.6万人から640.0万人に下がることが予想されている。10月の先行指数は、9月に沿って、月間で0.7%増加することが予想されている。最後に、10月の新規住宅着工件数は9月の657万件から月間で646万件に下がることが予想されている。

ユーロも、USDを例外として、ほとんどの主要通貨に対して弱気となった。ヨーロッパでは、欧州委員会は、10月CPI を9月の+0.1%に対して月間で+0.2%の確定値を公表した。また、英国国家統計局は10月のCPIを+0.7%(vs. 年間予想値+0.5%)、そしてPPIを予想値+0.1%に対して+0.0%と報告した。

豪ドルは主要通貨ペア全てに対してまちまちであった。 

水曜日に動いた通貨ペアを見ると、NZD/USDは44ピップス上昇し、95ピップス上昇した直近5日間で最もパフォーマンスが良い通貨の1つであった。同通貨ペアは、ダイヤモンド継続パターンの上にブレイクした後に、上昇モーメンタムを増やしてきている。プライスアクションは、2019年3月に遡る0.694の主要抵抗線をテストしている。0.6675が支持線として維持される限り、同通貨ペアは0.694の上で終わる事ができ、0.7065の抵抗線に向かう継続と上昇トレンド継続を期待したい。 



出典:GAIN Capital, TradingView(トレーディングビュー)