注目記事

NZDUSDは強い週となった。

米ドルは金曜日に、GBPを例外としてほとんどの主要通貨ペアに対して弱気となった。米国の経済データの最新情報では、Markitの米国製造業購買担当者景気指数10月の速報値(予想値53.5)は、9月の確定値53.2から月間で53.3に上昇した。            

月曜日に、9月の住宅着工件数は、8月の101.1万件から月間で102.5万件に増加することが予想されている。   

ユーロは全ての主要通貨ペアに対して強含んでいた。ヨーロッパでは、英国国家統計局が9月の小売売上が+1.5%(vs. 月間予想+0.2%)であったと報告した。調査企業Markitがユーロ圏の10月の製造業PMIの速報値を54.4(vs. 予想値53.0)、ドイツについては58.0(vs. 予想値55.0)、フランスについては51.0(vs. 予想値51.0)、そして英国については53.3(vs. 予想値53.1)と公表した。また、ユーロ圏の9月のサービス業PMIの速報値を46.2(vs. 予想値47.0)、ドイツについては48.9(vs. 予想値49.4)、フランスについては46.5(vs. 47.0)、そして英国については52.3(vs. 予想値53.9)と公表した。

豪ドルは全ての主要通貨ペアに対して強きであった。

先週の米国経済データの最新情報は:

Markitの米国製造業購買担当者景気指数10月の速報値(予想値53.5)は、9月の確定値53.2から月間で53.3に上昇した。 

米国の雇用市場については、10月17日で終わる週の新規失業保険申請者数は、その前の週の改定値84.2万人から78.7万人(予想87.0万人)に減少した。10月10日で終わる週の継続失業保険申請件数は、その前の週の改定値939.7人から837.3万人(予想962.5万人)に下がった。 

住宅データを見ると、中古住宅販売件数は、2006年半ばに最後に達したレベルの8月の改定値598万件から9月の月間で654万件(予想値630万件)に増加した。米抵当銀行協会住宅ローン申請件数は10月16日に終わる週について、その前の週の-0.7%に比較し、0.6%下げた。最後に、住宅着工件数はは8月の改定値138.8件から9月の月間で141.5万件(予想146.5万件)に増えた。

連邦準備制度理事会のベージュブックでは、全ての地区が景気低迷以来、適度なペースで成長の継続が見られると記していたが、レストラン業界は屋外での食事に依存していたため、寒い天候が近づいていることから懸念されている。成長は遅いものの、雇用は全ての地区で増加していた。全ての地区で物価は上昇しており、食品、自動車、家電などのほとんどの消費者物価が大きく上昇した。 

今週、最大の強かった外国為替通貨ペアはNZD/USDであり、1.26%、83ピップス強含んだ。NZD/USDの日足を見ると、ダイアモンドの継続パターンが形になってきている。期待するのは、パンデミックで安値となった3月に遡って始まった上昇トレンドの継続を示唆する上方向のブレイクだ。0.6795の抵抗線の上にブレイクすると、強気派が待っているシグナルとなるだろう。しかし、0.6485のサポートの下へのブレイクは、0.638になる可能性がある次の主要サポートレベルまで下げる弱気のシグナルになるだろう。



出典:GAIN Capital, TradingView(トレーディングビュー)

トレーディングをお楽しみください。