注目記事

NZDUSDは週間トップのパフォーマー

ここに、この1週間の主要経済データのレビューがあります。 

景気先行指数は7月の改定値+2.0%から、8月の月間で1.2%(予想値は+1.3%)上昇した。 

ミシガン大学消費者信頼感指数指数は、8月の確定値74.1から9月の速報値が月間で78.9(予想値75.0)に急増した。 

新規住宅着工件数はは7月の改定値149.2万件から8月の月間で141.6万件(予想148.8万件)に減少した。 

9月12日に終わる週の新規失業保険申請件数は、その前の週の改定値89.3万人から86.0万人(予想値85.0万人)に減少した。9月5日で終わる週の継続失業保険申請件数は、その前の週の改定値1,354.4万人から1,262.8万人(予想1,300万人)に下がった。 

米抵当銀行協会住宅ローン申請件数は、前の週の+2.9%に比較し、9月11日に終わる週について2.5%減少した。 

小売売上先行指数は7月の改定値+0.9%に比較し、8月の月間で0.6%(予想値は+1.0%)上昇した。 

ニューヨーク連銀製造業景気指数は、8月の3.7から9月の月間で17.0(予想値6.9)に急増した。 

鉱工業生産は7月の改定値+3.5%に比較し、8月の月間で0.4%(予想値は+1.0%)前進した。

最後に、連邦準備制度理事会は予想通り、政策金利を0.00%から0.25%までに据え置くことを決定した。

月曜日には主要経済データが予定されていない。

NZDUSDは、およそ1.69%上昇し、今週の最高のパフォーマーであった。この通貨ペアは、抵抗線として機能していた前の下落トレンドラインの上に留まっている。20日移動平均線が8月24日に50日移動平均線をクロスした後に、強気のクロスが確認された。主要支持線は、0.6485に留まっている。プライスアクションは現在、0.6795の抵抗線レベルをテストしている。0.6795の抵抗線を上にブレイクすれば、0.694の次の主要抵抗線レベルに向けて進んでいくであろう。




出典:GAIN Capital, TradingView(トレーディングビュー)

トレーディングをお楽しみください。