注目記事

Brexit: 離脱案否決を受け、英ポンドは下落から反転急騰、急変に注意

広く予想されていた通り、英国メイ首相のEU離脱案は議会投票で打ち砕かれました。英国下院での圧倒的な否決を受け、ポンドドルは1.2672の安値をつけました。 離脱案への賛成票202に対し反対票が432と、メイ首相にとっては屈辱的ともいえる敗北となりました。この歴史的な結果を受けて、野党労働党のコービン党首はメイ首相の不信任投票を発議しています。

マーケットの反応 否決の報を受けた反射的な売りの殺到の後、買いの勢いがクローズアップされ、前述の安値から1.5%上げてポンドドル1.2885まで戻しました。
ユーロポンドは採決前に0.8986の日中高値を付けた後、採決を受けて0.8853まで急落。ポンドはユーロに対し1.4%急騰した格好です。
ポンド円も、137.39の安値から140.03まで急騰しました。

投資家は情勢を好感か
ポンドが採決前の下落から一転急騰したことから、投資家はこの否決を、「合意なき離脱」への暗雲というよりは、EUのリスボン条約第50条に基づく秩序立った離脱への道筋が開けたととらえ、好感した可能性があります。ただ、ポンドがこのまま値上がりを保てるかどうかはまだわかりません。今後の議会等の情勢に左右されていくでしょう。
不確実性がまだ大きい現状にあって、ポンドドルが1.30を超えて上昇していくことは考えにくいともいえます。投資家が、英国のEU離脱に思ったよりも大きなチャンスがあるのではと楽観し始めている感もありますが、それはまだ相当に時期尚早で、EU離脱による悲劇的な影響を軽減するにはまだまだ相当の対策が必要といえるでしょう。

メイ首相は不信任投票を乗り切る見通し
様々な調査によると、コービン労働党党首による不信任投票に対し、保守党内は離脱案反対派も含めてメイ首相を支持するとみられ、首相は信任を確保できそうです。 ただそれでも、EU離脱の条件等の行方がどうなるか、不透明感は一層強まるといえるでしょう。
首相は月曜までに、今後どのような方向に進めていくかを表明することになります。今回の非常に明確な敗北を受けて、離脱案はいくつかの修正といったレベルにとどまらず、大幅にアプローチを見直すようなものになるでしょう。刻々と期限が迫る中、第50条の付帯条項の離脱延期は不可避ともみられています。しばらくの間は、ポンドを中心としたマーケットの急変に警戒が必要でしょう。

本レポートに記載されている情報や見解は、一般的な情報としての使用のみを目的としたもので あり、通貨、CFD、その他あらゆる金融商品の、購入や売却に関する勧誘や依頼の意図は全くあ りません。本文書に盛り込まれている、いかなる見解や情報も、予告や通知なく変更することが あります。本文書は、特定の投資目的や、何らかの財務的背景、特定の受領者の意思などに沿っ て書かれ配布されたものではありません。本文書内で引用・言及されている、あらゆる過去の価 格データ・価格推移データは、当社独自の調査や分析に基づいており、当社はそのデータの提供 元やそのデータそのものの信頼性につき、いかなる保証もせず、また筆者や訳者、各国の支社・ 支店も、本文書の内容の正確性や完全性についても一切保証しません。本文書については英語版 を原版とし、翻訳版と原版で相違がある場合には、原版の内容が優先するものとします。本文書 の内容に基づく直接または間接の損失、そして本文書を信頼したことによる、いかなる人物や団 体が結果的に引き起こした損失についても、当社は一切その責を負いません。

先物取引、先物オプション取引、外国為替証拠金取引(またはFX)、CFD、その他、入金額より もレバレッジをかけて、より大きな金額で取引をする金融商品には、当初入金額を超える大きな 損失を被るリスクがあり、すべての人に適するわけではありません。レバレッジを大きくして取 引すると、その分リスクも高くなります。金スポットや銀の取引は、米国商品取引法(U.S. Commodity Exchange Act)の規制で保護されていません。また、差金決済取引(CFD)は米国 在住者の取引は許可されていません。外国為替証拠金取引(FX)や商品先物取引を行う前には、 投資目的、投資経験、リスク許容範囲等について十分検討する必要があります。本文書内にある、 いかなる見解、ニュース、調査、分析、価格その他についても、「本文書を読むいかなる人物や 団体も、FOREX.comが、投資、法的、税務に関して助言するものではないことを理解している」 ことを前提として、一般的な情報として提供されるものです。いかなる投資、法的、税務に関す る事柄についても、適切な専門家や助言者に相談をしてください。FOREX.comは、米国の商品先 物取引委員会(CFTC)、英国の金融行動監督機構(FCA)、オーストラリアのオーストラリア証 券投資委員会(ASIC)、日本の金融庁の規制を受けています。