注目記事

Stocks attempt to maintain bullish momentum

Stocks cautiously attempted to maintain recent bullish momentum on Wednesday as corporate earnings early in the reporting season continued to show mostly better-than-expected results. While geopolitical risks remain, market perceptions of the severity of those risks have tentatively declined. Trade war tensions between the US and China have quieted down, the political fallout between the US and Russia over recent strikes on Syria has been relatively minimal, and North Korea has begun to show a strong willingness to negotiate with South Korea, China and the U.S. On Wednesday, reports surfaced that the U.S. is looking to reach an agreement on NAFTA re-negotiations with Canada and Mexico within three weeks. Also on Wednesday, a key Federal Reserve report indicated continuing US economic growth that may already have begun to benefit from December’s US tax reform legislation, even despite stated concerns about President Trump’s intensifying tariff policies. Partly as a result of all these developments, somewhat calmer markets have tentatively begun to prevail, lifting some pressure off equities and subduing market volatility for the time being.

From a technical perspective, while significant damage was done to the S&P 500 during the early-February correction and then the subsequent plunge in mid-to-late March, the benchmark stock index has generally been on a sharp rally since early April. After both the February and March drops, the key 200-day moving average notably served as major support, helping to fuel strong rebounds in both cases. On Tuesday, the S&P 500 extended its current rebound by gapping above its 50-day moving average and further rising above the key 2700 level. Choppy price action on Wednesday tentatively extended the rally slightly further before pulling back by market close. As it currently stands, any further extension of the stock rally could meet some resistance around a key downtrend line that extends back to the January 2872 high and connects the mid-March peak at 2801. Any sustained breakout above that line, currently situated around the 2735 area, would be a significantly bullish signal that could indicate a subsequent retest of the mid-March 2800-area highs.


本レポートに記載されている情報や見解は、一般的な情報としての使用のみを目的としたもので あり、通貨、CFD、その他あらゆる金融商品の、購入や売却に関する勧誘や依頼の意図は全くあ りません。本文書に盛り込まれている、いかなる見解や情報も、予告や通知なく変更することが あります。本文書は、特定の投資目的や、何らかの財務的背景、特定の受領者の意思などに沿っ て書かれ配布されたものではありません。本文書内で引用・言及されている、あらゆる過去の価 格データ・価格推移データは、当社独自の調査や分析に基づいており、当社はそのデータの提供 元やそのデータそのものの信頼性につき、いかなる保証もせず、また筆者や訳者、各国の支社・ 支店も、本文書の内容の正確性や完全性についても一切保証しません。本文書については英語版 を原版とし、翻訳版と原版で相違がある場合には、原版の内容が優先するものとします。本文書 の内容に基づく直接または間接の損失、そして本文書を信頼したことによる、いかなる人物や団 体が結果的に引き起こした損失についても、当社は一切その責を負いません。

先物取引、先物オプション取引、外国為替証拠金取引(またはFX)、CFD、その他、入金額より もレバレッジをかけて、より大きな金額で取引をする金融商品には、当初入金額を超える大きな 損失を被るリスクがあり、すべての人に適するわけではありません。レバレッジを大きくして取 引すると、その分リスクも高くなります。金スポットや銀の取引は、米国商品取引法(U.S. Commodity Exchange Act)の規制で保護されていません。また、差金決済取引(CFD)は米国 在住者の取引は許可されていません。外国為替証拠金取引(FX)や商品先物取引を行う前には、 投資目的、投資経験、リスク許容範囲等について十分検討する必要があります。本文書内にある、 いかなる見解、ニュース、調査、分析、価格その他についても、「本文書を読むいかなる人物や 団体も、FOREX.comが、投資、法的、税務に関して助言するものではないことを理解している」 ことを前提として、一般的な情報として提供されるものです。いかなる投資、法的、税務に関す る事柄についても、適切な専門家や助言者に相談をしてください。FOREX.comは、米国の商品先 物取引委員会(CFTC)、英国の金融行動監督機構(FCA)、オーストラリアのオーストラリア証 券投資委員会(ASIC)、日本の金融庁の規制を受けています。