注目記事

米ドルの弱気のプライスアクションは金のサポートを支援している

米ドルは月曜日、全ての主要通貨ペアに対して弱含んだ。米国の経済データの最新情報については、米国エンパイアステート製造業調査は、7月の17.2から8月に月間で3.7(予想値15.0)に下がった。

火曜日には、7月の住宅着工件数は6月の118.6万件から月間に124.0万件に増加することが予想されている。

ユーロは、 NZD、AUD、およびUSDを例外として、その主要ペアのほとんどに対して弱含んだ。ヨーロッパでは、主要経済データがリリースされていなかった。

豪ドルは、全ての主要通貨に対して強かった。

金は39.94ドル(+2.05%)上昇し、1985.06ドルに急上昇した。

VIX指数は0.7ポイント(-3.17%)下がり、21.35になった。

USD/JPYは月曜日のトレーディングセッションで59ピップス下がり、106.00になった。同通貨ペアは、7月31日に形成し始まった、短期上昇ウェッジパターンの下側にブレイクしたようだ。同通貨ペアの全体的なトレンドは、弱気のままであり、プライスアクションが107.05以下に留まる限り、引き続き、105.30までの下げとなる可能性が高くなる。





出典:GAIN Capital, TradingView(トレーディングビュー)