注目記事

ルーニー(カナダドル)は引き続き上昇

米ドルは、カナダドルを例外として、金曜日にほとんどの主要通貨に対して安くなった。米国の最新経済データについては、小売売上高は、6月の7.5%から2.1%の予想以下の7月の月間で1.2%増加した。鉱工業生産は、6月の5.4%の増加に比較し、予想どおり、7月の月間で3%増加した。最後に、ミシガン大学消費者信頼感指数は、7月の確定値の72.5に比較し、8月の予想値は予想値71.9を超え、72.8に上昇した。月曜日には、米国エンパイアステート製造業調査は、7月の17.2から8月に14.5に下がることが予想されている。

ユーロは、 AUDおよびJPYを例外として、その主要ペアの全てに対して強かった。ヨーロッパでは、欧州委員会が、第2四半期のGDPを-12.1%(vs. 第1四半期の-3.6%)、貿易収支は171憶ユーロの黒字(145億ユーロの黒字の予想)と報告した。フランスの INSEE は、7月の消費者物価指数(CPI)を予想通り、+0.8%の確定値を発表した。

豪ドルは、全ての主要通貨に対して高くなった。

1週間のパフォーマンスを見ると、カナダドルが対米ドルで最高のパフォーマンス(+0.64)であり、ニュージーランドドルが最もプレッシャーを受けていた(-0.71%)。日足チャートでは、そのトレンドが進行中だ。プライスアクションは弱気のチャンネル内に留まっている。同通貨ペアは、2019年にさかのぼる抵抗線であった1.332ドルエリアの主要支持線をブレイクした。MACDも下方向のモーメンタムを示し、下げトレンドとなっている。同通貨ペアが上の下げトレンドラインと20日移動平均線の上に反転することができなければ、1.2955付近の1月の安値をテストする下落継続を期待したい。 



出典:GAIN Capital, TradingView(トレーディングビュー)
トレーディングをお楽しみください。