注目記事

米ドルは93.00のハンドルに反発した

米ドルは米ドル通貨インデックスの結果が93.0のハンドルまで戻って上昇し、水曜日に全ての主要通貨ペアに対して強気だった。経済データの最新情報については、米抵当銀行協会住宅ローン申請は8月14日に終わる週について、その前の週の+6.8%から3.3%下げた。連邦公開市場委員会は、米国中央銀行総裁が、最大限の雇用と物価の安定の目標という連銀のデュアルマンデートに関連する経済のファンダメンタルの変化の結果、FF金利に関する決定を先送りにしたと表明した7月28日~29日の議事録をリリースした。 

木曜日は、8月15日で終わる週の新規雇用保険申請件数は、その前の週の96.3万人から92.0万人に減少することが予想されている。8月8日で終わる週の継続失業保険申請件数は、一週間前の1,548.6万人から1,500.0万人に下がることが予想されている。最後に、7月の景気先行指数は、6月の+2.0%に比較し、月間で1.1%上昇することが予想されている。

ユーロは、 CHFおよびGBPを例外として、その主要ペアのほとんどに対して弱含んだ。ヨーロッパでは、英国国家統計局が、7月の消費者物価指数(CPI)を+1.0%(vs. 年間で+0.6%が予想値)とリリースした。欧州委員会は、7月の消費者物価指数(CPI)を予想通り、+0.4%の確定値を発表した。

豪ドルは、 CHFおよびGBPを例外として、その主要ペアのほとんどに対して弱含んだ。

GBP/USDは水曜日に、米ドル通貨インデックスが反発した後におよそ48ピップス押した。同通貨ペアは、3月中旬から形成が始まった上昇ウェッジパターンの上のトレンドラインの上で何とか維持しています。GBP/USDは、1.3270の抵抗線の再テストに進む前に、揺れ動き、上のトレンドラインをサポートとして使う可能性が高い。同通貨ペアが1.3270の水準を上にブレイクできれば、1.3515の2019年の高値を再テストするために上昇を継続する可能性が高い。同通貨ペアが上のトレンドラインの下に下落する場合、おそらく、1.2815の支持線に戻って下げるだろう。しかし、米国における現在の経済状況は、ドル安継続となり、その代わりに、同通貨ペアを上に維持する可能性が高い。   





出典:GAIN Capital, TradingView(トレーディングビュー)