注目記事

USDCADは2019年の安値1.2950を目指しているようだ。

米ドルは、ニュージーランドドルを例外として木曜日にほとんどの主要通貨に対して安くなった。8月15日で終わる週の新規失業保険申請件数は、その前の週の改定値97.1万件から110.6万件(予想値92.0万件)に増加した。8月8日で終わる週の継続失業保険申請件数は、その前の週の改定値1,548.0万件から1,484.4万件(予想値1,500.0件)に増加した。景気先行指数は6月の改定値+3.0%に比較し、7月の月間で1.4%(予想値は+1.1%)増加した。 

金曜日は、8月のMarkit米国製造業購買担当者景気指数の速報値は、7月の確定値50.9から月間で52.0に増加することが予想されている。8月のMarkit米国サービス業購買担当者景気指数の速報値は、7月の確定値50.0から月間で51.0に増加することが予想されている。最後に、7月の中古住宅販売件数は、6月の472万件から月間で540万件に急増することが予想されている。        

ユーロは、 NZDおよびUSDを例外として、その主要ペアのほとんどに対して弱含んだ。ヨーロッパでは、ドイツ連邦統計局が、7月の消費者物価指数(PPI)を-1.7%(vs. 年間で-1.8%が予想値)と発表した。

豪ドルは、 NZDおよびUSDを例外として、その主要ペアのほとんどに対して弱含んだ。

USD/CADは、木曜日のトレーディングセッションで27ピップス下落した。同通貨ペアは、米国連邦準備制度理事会が無制限の量的緩和策を発表した後に、3月中旬から下旬以来、弱気のチャンネルに近くに似ている上昇ウェッジのパターンの中で下落してきています。同通貨ペアは現在、そのパターンの上のトレンドラインのちょうど下を維持しています。RSIは、弱気であり、現在、35に留まっています。同通貨ペアは、1.3035の支持線レベルに向けてじりじりと下げ継続となる可能性が高い。価格が1.3035の下にブレイクする場合、2019年の安値の1.2950を再テストするために下げ継続となる可能性が高い。価格が上に反転する場合、トレーダーは、上のトレンドラインを強い抵抗線として見なすことができる。価格が上のトレンドラインのにブレイクすると、その時に同通貨ペアはおそらく、下げに戻る前に、1.3355の抵抗線を見つけることになる。価格が1.3355の上にブレイクすれば、新たな上昇トレンドの開始を意味する可能性がある。しかしながら、米国連邦準備制度理事会が使う巨大な量的緩和策は、インフレの結果として、米ドル通貨インデックスを抑えたままになる可能性がある。         

        



出典:GAIN Capital, TradingView(トレーディングビュー)