注目記事

米ドル通貨インデックスは92.50の水準を下にブレイクする

火曜日に、米ドルは、米ドル通貨インデックスが2018年5月に最後に見た安値に達する92.50の水準以下にブレイクし、全ての主要通貨に対して弱含んだ。米国の最新経済データについては、住宅着工件数が6月の改定値122.0万件から7月の月間で149.6万件(予想124.5万件)に急増した。住宅許可件数は、6月の改定値125.8万件から7月の月間で149.5万件(予想132.6万件)に増加した。 

水曜日には、8月14日で終わる週の米抵当銀行協会住宅ローン申請データが予定されている。最後に、連邦公開市場委員会が7月29日の議事録のリリースを予定している。    

ユーロは、 NZDおよびGBPを例外として、その主要ペアのほとんどに対して強かった。ヨーロッパでは、主要経済データがリリースされていなかった。

豪ドルはUSD.を例外として、ほとんどの主要通貨に対して弱含んだ。

EUR/USDは火曜日に61ピップス上昇し、2018年5月に最後に見た高値に達した。同通貨ペアは、7月27日に形成し始まった、短期の横向きのチャンネルの上側にブレイクした。価格はおおよそのサポートとしての20日移動平均線を使っている。同通貨ペアは2017年の主要水準の1.2090に向けて引き続き進む可能性が高い。価格が1.2090の上にブレイクすることができれば、もみながら1.2220まで高くなる可能性が高い。価格が押す場合は、跳ね返りの可能性のために20日移動平均線に注目すべきだ。価格が20日移動平均線を下に落ちる場合、1.1695から跳ね返る可能性が高くなる。     

       



出典:GAIN Capital, TradingView(トレーディングビュー)