米ドルは強含んで今週を終える

米ドルは金曜日、全ての主要通貨ペアに対して高く取引された。

米国の経済データの最前線については、米国の労働市場はコロナウィルス感染の急増があったのにも関わらず、7月に引き続き改善した。非農業部門雇用者数は、6月の479万人の増加の後の148万人の予想を上回り、7月に176万人増加した。失業率は、10.2%の予想以上に下げた。最後に、卸売在庫は、5月の2%の減少から6月月間で1.4%の予想以上に減少した。

ユーロは、 AUDおよびNZDを例外として、その主要ペアのほとんどに対して弱含んだ。ヨーロッパでは、6月の鉱工業生産データはがドイツに対しては+8.9%(vs. +8.2%の月間予想)そして、フランスについては+12.7%(月間予想値+8.4%)とリリースされた。ドイツの6月の貿易収支は、156憶ユーロであり、予想の113憶ユーロを上回った。

豪ドルはNZDを例外として、ほとんどの主要通貨に対してプレッシャーを受けていた。

金曜日の市場のまとめ:

VIX指数は0.44ポイント下がり(-1.94%)、22.21となった。

米国10年債のイールドは2.8ベーシスポイント上がり、0.564%となった。

金は32.71ドル下がり(-1.59%)、2030.84ドルとなった。

WTI原油は0.43%(-1.03%)下がり、41.52ドルとなった。

主要FXペアに関して:

EUR/USDは92ピップス下がり、1.1785となった。 

GBP/USDは84ピップス下がり、1.3059となった。 

USD/JPYは41ピップス上昇し、105.96となった。 

USD/CHFは31ピップス下がり、0.9129となった。

AUD/USDは78ピップス下がり、0.7158となった。 

USD/CADは76ピップス急上昇し、1.3383となった。 

ドルインデックスは0.63ポイント上昇し、93.416となった。

テクニカルな観点で金曜日の最大のピップスの動きを見ると、EUR/USDは92ピップス下げたが、上昇トレンドのままである。EUR/USDは、1.1915ドルの抵抗エリアに挑戦しているが、プライスアクションは20日移動平均線でサポートされたままだ。主要サポートが1.1635ドルレベル(20日移動平均線)で維持されている限り、さらに上方向、そして1.1945ドルのブレイクを想定する。 






出典:GAIN Capital, TradingView(トレーディングビュー)

トレーディングをお楽しみください。