注目記事

USDCADは今週最大の下落となった

S&P 500は、半導体と半導体製造機器(+6.21%)、素材(+5.12%)、そしてエネルギー(+4.97%)セクターの上昇を受けて、先週は3.84%の上昇で終えた。 

先週の経済データの最新情報は: 

10月3日で終わる週の新規失業保険申請件数は、その前の週の改定値84.9万人から84.0万人(予想82.0万人)に減少した。9月26日で終わる週の継続失業保険申請件数は、その前の週の改定値1,197.9人から1,097.6万人(予想1,140.0万人)に下がった。求人数は7月の改定値670万件の求人数に比較し、8月の月間で649万件の求人数(予想650万件の求人)に下がった。

米抵当銀行協会住宅ローン申請件数は10月2日に終わる週について、その前の週の-4.8%に比較し、4.6%上昇した。 

連邦市場公開委員会(FOMC)の議事録では、金融状況は前回のミーティング以来、落ち着いてきたと述べていた。株価が上昇し、継続して米ドル安となり、市場の参加者は目先まだ大きなリスクを見ていたため、連邦準備制度理事会は積極的な金融及び財務政策が強い回復を維持するために必要されると確信している。 

貿易赤字は、2006年に達したレベルの7月の改定値634憶ドルから8月の月間で671憶ドル(予想662億ドル)に増えた。 

求人数は7月の改定値670万件の求人数に比較し、8月の月間で649万件の求人数(予想650万件の求人)に下がった。

最後に、耐久財受注は、8月の速報値+0.5%に比較し、8月の確定値は月間で0.4%(予想値+0.5%)増加した。

USDCADは、米ドルが対カナダドルで今週1.45%下げ、最大のパーセンテージの動きとなり、ヘッドラインを飾りました。昨日、言及していた1.3125の支持線エリアでの下方向のターゲットに達した。我々は抵抗線として機能するアズの50日移動平均線のちょうど上の1.3265までストップロスをタイトにした。9月からの1.30の安値に向けた下落継続が引き続き、予想される。 



出典:GAIN Capital, TradingView(トレーディングビュー)

トレーディングをお楽しみください。