注目記事

米ドルは火曜日、全ての主要通貨ペアに対して弱含んだ。米国の最新経済データについては、10月3日で終わ週の新規失業保険申請件数は、その前の週の改定値84.9万人から84.0万人(予想82.0万人)に減少した。最後に、9月26日で終わる週の継続失業保険申請件数は、その前の週の改定値1,197.97人から1,097.9万人(予想1,140.0万人)に下がった。  

金曜日に、8月の卸売在庫の確定値は、8月の速報値に沿って月間で0.5%上昇することが予想されている。 

ユーロは全ての主要通貨ペアに対して弱含んだ。ヨーロッパでは、ドイツ連邦統計局が8月の貿易収支を128憶ユーロの黒字(vs. 予想160憶ユーロの黒字)と公表した。フランス銀行は9月の景況感指数を101(vs. 予想値105)とリリースした。

豪ドルはCADを例外として、ほとんどの主要通貨に対して強かった。 

WTI原油は2.3ドル(+3.33%)急騰し、$41.28になった。

USDCADは木曜日のトレーディングで、58ピップス下げ、1.3198になり、当日最大の動きとなった。9月に始まったリバウンドは、上昇し広がるウェッジの形をなった後にリスクに晒されている。同通貨ペアは、20日及び50日移動平均線を下にブレイクして戻った。モーメンタムは1.30のサポートに向けた下方向が優勢に見える。1.335の抵抗線の上にブレイクすれば、リバウンドでの1.342の抵抗線をブレイクをトライする強気のシグナルとなるだろう。 


出典:GAIN Capital, TradingView(トレーディングビュー)

トレーディングをお楽しみください。