注目記事

USDCADは主要サポートを失う

米ドルは月曜日に、 CADおよびGBPを例外として、その主要ペアのほとんどに対して強気だった。米国の経済データの最新情報については、Market News Internationalのシカゴ購買部協会景気指数は、10月の61.1から11月の月間で58.2(予想値59.0)下がった。最後に、住宅販売契約指数は9月の改定値-2.0%に比較し、10月の月間で1.1%(予想値は+1.0%)下がった。   
 
火曜日は、Markitの米国製造業購買担当者景気指数11月の確定値は、11月の速報値に沿って月間で56.7に留まることが予測されている。最後に、10月の建設支出は、9月の+0.3%に比較し、月間で0.8%増加することが予想されている。    

ユーロは、 AUDおよびJPYを例外として、その主要ペアのほとんどに対して強気であった。ヨーロッパでは、ドイツ連邦統計局が11月のCPIを-0.8%(vs. 予想値-0.4%)と公表した。また、イングランド銀行は10月の住宅ローン承認件数を97,500件(vs. 予想値84,000件)とリリースした。

豪ドルは主要通貨ペア全てに対して弱気だった。 

直近の週にかけてUSD/CADペアを注視してきたが、同通貨ペアは、9月からのもみ合いの後に1.299での支持線の下にブレイクした所だ。3月に遡って始まった下落トレンドは当面継続するものと思われる。もみ合いの継続の可能性が無くなったと断言できるようになる前にさらに下方向のモーメンタムを見ることになることを期待したい。トレーダーは、1.30レベル付近でプライスアクションがどのように反応するのかを見ていくことになる。次の主要支持線は1.2805である。 




出典:GAIN Capital, TradingView(トレーディングビュー)