注目記事

USDCADはカナダの小売売上の数字の前に下げた

米ドルは木曜日に、全ての主要通貨ペアに対してまちまちだった。11月14日で終わる週の新規失業保険申請件数は、その前の週の改定値71.1万人から74.2万人(予想値70.0万人)に上昇した。11月7日で終わる週の継続失業保険申請件数は、その前の週の改定値680.1人から637.2万人(予想値640.0万人)に下がった。先行指数は、9月に沿って(予想通り)10月の月間で0.7%上昇した。最後に中古住宅販売件数は、2006年に達した最後のレベルである9月の改定値657万件から、10月の月間で685万件(予想値647万件)に急増した。 

金曜日には主要経済データが予定されていない。

ユーロは全ての主要通貨ペアに対して強含んでいた。ヨーロッパでは、9月のユーロゾーンの建設部門生産高が予想値+2.6%に大使、月間で-2.9%とリリースされた。

豪ドルは全ての主要通貨ペアに対して弱気となった。 

USD/CADは、金曜日の9月の小売売上データの前の木曜日のトレーディングで35ピップス下がった。カナダは、8月に遡る0.4%に比較し、0.2%の僅かな増加を報告することが予想されている。自動車を除く小売売上は変わらずとなるかもしれない。イベント後の平均のピップスの動きは、小売売上の発表後の1時間で27ピップス程度である。発表は、直近の12か月の発表から8でUSD/CADに対して強気となった。 

チャートを見ると、この通貨ペアは1.299の支持線と1.342の抵抗線の間のもみ合いパターン内の主要支持線エリアに近づいている。ダブルボトムが有効になっているかもしれないが、プライスアクションが1.342の抵抗線を上にブレイクするまで確認されないだろう。期待としては、1.365に向けた上昇リバウンドだ。 



出典:GAIN Capital, TradingView(トレーディングビュー)