注目記事

USDCADは原油の売却の中で主要リバウンドを見せた

米ドルは、日本円を例外として火曜日にほとんどの主要通貨に対して強含んだ。米国の最新経済データについては、主要経済データのリリースはない。
  
水曜日には、9月4日に終わる週の米抵当銀行協会住宅ローン申請データが予定されている。最後に、7月の米国の求人労働移動調査は、6月の5,889件から月間で6,000件増加することが予想されている。  

ユーロは、 CHF、JPY、およびUSDを例外として、その主要ペアのほとんどに対して強含んだ。ヨーロッパでは、欧州委員会が第2四半期の国内総生産(GDP)の確定値を-11.8%(vs 四半期予想値-12.1%)と報告した。ドイツ連邦統計局は、7月の貿易収支を192億ユーロの黒字(vs. 160憶ユーロの黒字予想)と発表した。フランスのINSEEは、7月の貿易収支を48憶ユーロの赤字予想に対して69.9億ユーロの赤字となったことをリリースした。

豪ドルはNZD、CAD、およびGBPを例外として、ほとんどの主要通貨に対して弱含んだ。

USD/CADは、WTI原油価格が火曜日のトレーディング$2.86 (-7.19%)下落し、$36.91となったことを受けて、127ピップス上昇し、1.3225に急上昇した後に1日で最大の上昇であった。チャートを見ると、重要なブレイクアウトが起こっているかもしれない。 

サポートは1.3035エリアに特定されてきた。同通貨ペアは、20日移動平均線(赤色)の上にブレイクした3月以来、長期の弱気のチャンネルの上にブレイクしようとしています。プライスアクションが弱気のトレンドラインの上に留まっている限り、上方向への主要リバウンドの開始のシグナルとなりえる1.3505レベル付近をターゲットとして50日移動平均線に向かう。 



出典:GAIN Capital, TradingView(トレーディングビュー)

トレーディングをお楽しみください。