注目記事

USDCADはプレッシャーがかかったまま

米ドルは月曜日に、 NZDおよびJPYを例外として、その主要ペアのほとんどに対して弱含んだ。米国の最新経済データについては、主要経済データのリリースはない。

火曜日は、Markitの米国製造業購買担当者景気指数8月の確定値は、8月の速報値に沿って月間で53.6のままとなることが予測されている。最後に、7月の建設支出は、6月の-0.7%から月間で1.0%増加することが予想されている。  
              
ユーロはCADを例外として、ほとんどの主要通貨に対して強かった。ヨーロッパでは、ドイツのCPIは、1か月前に0.5%下がった後に速報値で8月に0.1%下がった。それはフラットであることを予測されている。

豪ドルはCADを例外として、ほとんどの主要通貨に対して強かった。 

今日の活発に動いている通貨ペアを見ると、USD/CADは1.3051まで48ピップス下落した後にプレッシャーがかかったままだ。我々はターゲットを更新した。日足チャートでは、プライスアクションが弱気のチャンネルの中に留まっており、弱気のトレンドが継続している。同通貨ペアは、20日移動平均線(青色)で抑えられたままである。ADXラインは-DIラインの上にあり、39レベルであり、DMI(方向性指数)は弱気のトレンドも確認している。同通貨ペアは1.3215付近の20日移動平均線の上に反転することができなければ、1.2955ドル付近の1月の安値をテストする下げ継続を期待したい。 





出典:GAIN Capital, TradingView(トレーディングビュー)

トレーディングをお楽しみください。