注目記事

USDCADはリバウンドを捉えることができない

米ドルは、CHFを例外として金曜日にほとんどの主要通貨に対して安くなった。最新の米国の経済データについては、非農業部門雇用者数の変化は7月の176.3万人から8月の月間で137.1万人(予想135.0万人)に減少した。失業率は7月の10.2%から8月の月間で8.4%(予想9.8%)に予想以上に下がった。   

月曜日は、米国市場がレイバーデイを祝うために休場となるため、主要経済データのリリースがない。   

ユーロはCHFを例外として、ほとんどの主要通貨に対して弱かった。ヨーロッパでは、調査企業Markitは、英国における8月の建設業PMIを54.6(vs. 予想58.3)、ドイツは48.0(vs. 7月49.7)と発表した。ドイツ連邦統計局は7月の製造業受注は月間予想の+0.5%以下の+2.8%と報告した。

豪ドルはCADを例外として、ほとんどの主要通貨に対して強かった。 

金曜日に最も動いた通貨ペアはUSD/CADであり、1.3065まで63ピップス下落した後に圧力がかかったままだ。日足チャートでは、プライスアクションが弱気のチャンネルの中に留まっており、弱気のトレンドが継続している。同通貨ペアは、20日移動平均線(赤色)で抑えられたままである。同通貨ペアは1.3215付近の20日移動平均線の上に反転することができなければ、1.2955ドル付近の1月の安値をテストする下げ継続を期待したい。




出典:GAIN Capital, TradingView(トレーディングビュー)

トレーディングをお楽しみください。