注目記事

米ドルは木曜日に、 NZDおよびGBPを例外として、その主要ペアのほとんどに対して強かった。経済データの最新情報では、Markitの米国製造業購買担当者景気指数8月の速報値53.6から8月の最終値が月間53.1(予想値53.6)に下がった。建設支出は6月の改定値-0.5%から、7月の月間で0.1%(予想値は1.0%)増加した。 

水曜日には、8月28日に終わる週の米抵当銀行協会住宅ローン申請データが予定されている。オートマティック・データ・プロセッシング社の8月の雇用変化は、7月の16.7万人から月間で100.0万人に急増することが予想されている。7月の製造業受注は6月の+6.2%に比較し、月間で6.1%上昇することが予想される。7月の耐久財受注の確定値は、7月の速報値に沿って月間で11.2%のままとなることが予想されている。最後に、連邦準備制度理事会の地区連銀経済報告(ベージュブック)がリリースされる予定である。

ユーロはCHFを例外として、ほとんどの主要通貨に対して弱かった。ヨーロッパでは、ドイツ政府は2020年のGDP予測を前回の-6.3%に対して-5.8%と改訂した。ドイツ政府は2021年のGDP予測を前回の+5.2%に対して+4.4%と改訂した。研究企業のMarkitは、ユーロ圏の8月の製造業PMIの確定値を51.7(予想通り)、ドイツについては52.2(vs 予想値53.0)、フランスについては49.8(vs 予想値49.0)、そして英国については55.2(vs 予想値55.3)と公表した。欧州委員会は8月のCPIを-0.2%(vs 予想年間+0.2%)、そして7月の失業率を7.9%(vs 予想値8.0%)を発表した。ドイツ連邦統計局は8月の失業率を予想通り6.4%と報告した。イングランド銀行は、7月住宅ローンの承認件数66,300 (vs 予想値55,500)をリリースした。

豪ドルはCAD、CHF、およびEURを例外として、ほとんどの主要通貨に対して弱含んだ。 

火曜日に最も動いた通貨ペアはUSD/CHFであり、58ピップス上昇し、0.9095となり、1日のレンジは0.8999 - 0.9101であった。チャートを見ると、長期トレンドは弱いままである。今日のアクションは、$0.899水準での主要サポートの閾値を特定する上で役立った。0.9185の主要抵抗線の上にブレイクは、50日移動平均線の上にブレイクすることを目標とするリバウンドになるためには確認されなければならない。新たな短期シグナルは、0.899支持線のブレイクで確認されるだろう。





出典:GAIN Capital, TradingView(トレーディングビュー)

トレーディングをお楽しみください。