注目記事

米ドルは木曜日に、 CADおよびGBPを例外として、その主要ペアのほとんどに対して強気だった。米国の最新経済データについては、9月19日で終わる週の新規失業保険申請件数は予想外に、その前の週の改定値86.6万件から87.0万件(予想値84.0万件)に増えた。8月22日で終わる週の継続失業保険申請件数は、その前の週の改定値1,274.7万件から1,258.0万件(予想値1,227.5件)に減少した。最後に、新築住宅売上件数は、2006年後半に達した直近のレベルの7月の改定値96.5万件から8月の月間で101.1万件(予想89.0万件)に急増した。  

金曜日に、8月の耐久財受注の速報値は、7月の確定値の+11.4%から月間で1.3%増加することが予想されている。            

ユーロは、 CADおよびGBPを例外として、その主要ペアのほとんどに対して強かった。ヨーロッパの最新経済データでは、ドイツIFO景況感指数は、8月の92.5(92.6から改訂)そして予想値93.5に比較し、9月に93.4とリリースされた。現在の市況サブインデックスは、87.9から89.2に上昇したが、予想は89.5であった。経済見通しサブインデックスは1か月前の97.2(97.5から改訂)に比較し、97.7に留まっており、98が予想されていた。

豪ドルは主要通貨ペア全てに対して弱含んだ。  

木曜日は比較的静かな外国為替セッションであった。USD/CHFは木曜日に29ピップス上昇し、0.9269となり、その日に最も動いた通貨ペアであった。セッション空にそれほどのアクションが無かったけれども、USDCHFは素晴らしい反転を行った。同通貨ペアは最終的には0.899と0.9185との間の短期的なもみ合いから離れた。結構前から三角形のパターンからのブレイクを期待してきた。0.9185は現在、リバウンドでの主要支持線となっている。エクステンションにおける0.9375と0.9515のターゲットに向けて高値継続を期待したい。 



出典:GAIN Capital, TradingView(トレーディングビュー)

トレーディングをお楽しみください。