注目記事

米ドルは金曜日に、全ての主要通貨ペアに対して弱気だった。   

ユーロは、 NZD、AUD、およびJPYを例外として、その主要ペアのほとんどに対して強気だった。ヨーロッパでは、欧州委員会が第3四半期のGDPを+12.7%(vs. 第2四半期-11.8%)、そして9月の貿易収支を240憶ユーロの黒字(vs. 225憶ユーロの黒字予想)と報告した。また、フランスのINSEEはは10月のCPIの確定値を+0.0%(vs. 前の月の-0.5%)と公表した。

豪ドルは全ての主要通貨ペアに対して強気だった。 

今週の米国の経済データの最新情報については:

ミシガン大学消費者信頼感指数指数は、10月の確定値81.8から11月の速報値が月間で77.0(予想値82.0)に下がった。 

消費者物価指数は9月の+0.2%に比較し、10月の月間で変化なし(予想値+0.1%)だった。生産者物価指数は9月の+0.4%に比較し、10月の月間で0.3%(予想値+0.2%)上昇した。 

11月7日で終わる週の新規失業保険申請件数は、その前の週の改定値75.7万件から70.9万件(予想値73.1万件)に減少した。10月31日で終わる週の継続失業保険申請件数は、その前の週の改定値722.2人から678.6万人(予想値682.5万人)に減少した。米国の求人労働異動調査は、8月の改定値635.2万人に比較し、9月の月間で643.6万人(予想650.0万人)に増加した。

月間財政赤字は9月の1,345憶ドルから10月の月間2,841憶ドル(予想2,750憶ドル)に増加した。 

米抵当銀行協会住宅ローン申請数が11月6日に終わる週について、その前の週の+3.8%に比較し、0.5%減少した。 

全米自営業者連合中小企業楽観指数は9月に沿って、10月の月間で104.0(予想値104.1)の変化なしに留まっていた。 

月曜日に、11月のニューヨーク連銀製造業指数は、10月の10.5から月間で13.9に急増することが予想されている。 

主要通貨を見ると、USD/CHFは、1週間で1.49%、つまり133ピップスの戻りとなり、直近5日で最大の上昇となった。このリバウンドがあったのにも関わらず、同通貨ペアは保持パターンで留まっていた。次の主要抵抗線レベルの0.93の上へのトレンド転換の変化となる0.9205の抵抗線の上へのブレイクを確認する必要がある。0.898の下へのブレイクは前の下げトレンドの再開となるだろう。


出典:GAIN Capital, TradingView(トレーディングビュー)