注目記事

FRBのタカ派傾向加速、ドル円は一段上へブレイクスルーか

広く予想されていた通り、今回のFOMCで米国の0.25%の利上げが発表されましたが、合わせて金融政策のコメントからこれまでの「緩和的」という表現が削除されました。これは、インフレ傾向が目標近辺に近づいていること、また失業率が長期的に見ても低い傾向にあり、また言うまでもなくこれまでの刺激策の影響が経済全体でだぶついていることなどを背景としたものです。FOMCのドット・プロット予想では、既報の通り今後本年12月、2019年に3回、2020年に1回という更なる利上げを示唆しています。

12月の利上げがより現実的になってきたことを受け、ドルインデックスは上昇。しかし、ドル円はFOMC発表直後では113.00のレジスタンス・レベルを突破できずにいました。これを一部ではダブルトップと見て反落のサインと分析されましたが、売り圧力はそれほど強くなく、上方突破の可能性はまだあるといえるでしょう。月足などの長時間軸チャートでは、長期の下落トレンドを上方突破しつつある様子がより鮮明になっており、より高い価格を視野に入れているといえるでしょう。

日足チャートでは、113.00のレベルでもみ合っている状況が見られましたが、すでに底流のトレンドが上昇基調になってきたことからすると、下落とは判断しにくくなり、結局その後上方突破に成功したようです。こうなると、ここ最近の上昇以前の安値、110.40付近を割ることがない限り、下落トレンドと判断する可能性は低いとみえます。その前に高値圏内で何か大きな下落材料が発生しない限りはすぐには起こりそうにもないでしょう。

いずれにしても、ドル円は上方突破に成功したとみてよさそうです。これはテクニカル面からの話だけではなく、ファンダメンタル面の要素にも支えられています。
FRBと日銀の金融政策や金利の差が大きくなり、米国の金利の有利性がより鮮明になるにつれ、長期的な観点でドル高の基盤ができつつあるといえるでしょう。

・ドル円月足チャート

出典: eSignal および FOREX.com.

・ドル円日足チャート

出典: eSignal および FOREX.com.

本レポートに記載されている情報や見解は、一般的な情報としての使用のみを目的としたもので あり、通貨、CFD、その他あらゆる金融商品の、購入や売却に関する勧誘や依頼の意図は全くあ りません。本文書に盛り込まれている、いかなる見解や情報も、予告や通知なく変更することが あります。本文書は、特定の投資目的や、何らかの財務的背景、特定の受領者の意思などに沿っ て書かれ配布されたものではありません。本文書内で引用・言及されている、あらゆる過去の価 格データ・価格推移データは、当社独自の調査や分析に基づいており、当社はそのデータの提供 元やそのデータそのものの信頼性につき、いかなる保証もせず、また筆者や訳者、各国の支社・ 支店も、本文書の内容の正確性や完全性についても一切保証しません。本文書については英語版 を原版とし、翻訳版と原版で相違がある場合には、原版の内容が優先するものとします。本文書 の内容に基づく直接または間接の損失、そして本文書を信頼したことによる、いかなる人物や団 体が結果的に引き起こした損失についても、当社は一切その責を負いません。

先物取引、先物オプション取引、外国為替証拠金取引(またはFX)、CFD、その他、入金額より もレバレッジをかけて、より大きな金額で取引をする金融商品には、当初入金額を超える大きな 損失を被るリスクがあり、すべての人に適するわけではありません。レバレッジを大きくして取 引すると、その分リスクも高くなります。金スポットや銀の取引は、米国商品取引法(U.S. Commodity Exchange Act)の規制で保護されていません。また、差金決済取引(CFD)は米国 在住者の取引は許可されていません。外国為替証拠金取引(FX)や商品先物取引を行う前には、 投資目的、投資経験、リスク許容範囲等について十分検討する必要があります。本文書内にある、 いかなる見解、ニュース、調査、分析、価格その他についても、「本文書を読むいかなる人物や 団体も、FOREX.comが、投資、法的、税務に関して助言するものではないことを理解している」 ことを前提として、一般的な情報として提供されるものです。いかなる投資、法的、税務に関す る事柄についても、適切な専門家や助言者に相談をしてください。FOREX.comは、米国の商品先 物取引委員会(CFTC)、英国の金融行動監督機構(FCA)、オーストラリアのオーストラリア証 券投資委員会(ASIC)、日本の金融庁の規制を受けています。