注目記事

USDJPYはプレッシャーを受け、今週を終えた

金曜日の外国為替市場で比較的平穏無事な取引の日であった。 
米ドルは金曜日、全ての主要通貨ペアに対してまちまちであった。  
経済の最新情報については、生産者物価指数の確報値は、5月の+0.4%から6月の月間で予想外の0.2%(予想値は+0.4%)に下がった。
月曜日に、6月の米月次財政収支がリリースされる予定だ。     
ユーロはJPYを例外として、ほとんどの主要通貨に対して強かった。ヨーロッパでは、主要経済データのリリースはなかった。 
豪ドルは全ての主要通貨ペアに対して弱かった。
外国為替で動いた通貨に関しては、 
EUR/USDは、14ピップス増えて1.1299となった。
GBP/USDは、18ピップス上昇し、1.2624となった。
USD/JPYは、26ピップス下げて106.94となった。 
USD/CHFは、12ピップス増えて0.9413となった。 
AUD/USDは、18ピップス下落し、0.6946となった。 
USD/CADは、11ピップスジャンプし、1.3597となった。 
今日の最大の動きを見ると、USD/JPYは価格が持ち合いゾーンを下にブレイクした後の下落のトレンドラインで抑えられた新たな下落トレンドが始まったかもしれない。107.10 が主要抵抗線として保つことができれば、106.65のサポートを再テストすべく、さらに下方向のプレッシャーを見ることなるかもしれない。107.10の上にブレイクすれば、107.36の抵抗線レベルに向かうリバウンドを取りに行くことになるだろう。 





出典:GAIN Capital, TradingView(トレーディングビュー)

良い週末をお過ごしください。