注目記事

USDJPYは火曜日のトレーディングで上昇

米ドルは、日本円を例外として火曜日にほとんどの主要通貨に対して弱含んだ。米国の最新データについては、全米産業審議会の消費者信頼感指数は予想に反し、7月の改定値91.7から8月の月間で84.8(予想値93.0)に下がった。新築住宅販売件数は、6月の改定値79.1万件から7月の月間で90.1万件(予想値79.0万件)に増加した。

水曜日には、8月21日で終わる週の米抵当銀行協会住宅ローン申請データが予定されている。最後に、7月の耐久財受注の速報値は、6月の確定値+7.6%に比較し、月間で4.5%増加することが予想されている。         

ユーロは、 AUDおよびGBPを例外として、その主要ペアのほとんどに対して強かった。ヨーロッパでは、ドイツ連邦統計局は、第2四半期のGDPが四半期で-9.7%の確定値となったことを報告したした。ドイツの8月のIFO景況感指数は、92.6(vs. 予想値92.2)とリリースし、期待指数は、97.5(vs. 予想値98.0)と公表した。 

豪ドルはGBPを例外として、ほとんどの主要通貨に対して強かった。

USD/JPYは火曜日のトレーディングで40ピップス上昇し、106.38になった。一日のレンジは105.87 - 106.58であった。同通貨ペアは弱気のトレンドチャンネル内に留まっている。107.15の上にブレイクすれば、チャンネル抵抗線をテストすることになるが、105.1の支持線以下にブレイクすれば、8月の安値の104.20のテストを行うことになるだろう。






出典:GAIN Capital, TradingView(トレーディングビュー)

トレーディングをお楽しみください。