注目記事

USDJPYのリバウンドが具体化する

米ドルは水曜日に、 JPYおよびNZDを例外として、その主要ペアのほとんどに対してプレッシャーがかかっていた。米国の最新経済情報については、米抵当銀行協会住宅ローン申請件数が10月2日に終わる週について、その前の週の-4.8%に比較し、4.6%上昇した。最後に、連邦市場公開委員会(FOMC)の議事録は、金融状況は前回のミーティング以来、落ち着いてきたと述べている。株価が上昇し、継続して米ドル安となり、市場の参加者は目先まだ大きなリスクを見ていたため、連邦準備制度理事会は積極的な金融及び財務政策が強い回復を維持するために必要されると確信している。  

木曜日には、10月3日で終わる週の新規失業保険申請件数は、その前の週の83.7万人から82.0万人に減少することが予想されている。最後に、9月26日で終わる週の継続する申請件数は、その前の週の1,176.7万人から1,140.0万人に下がることが予想されている。 

ユーロはAUDを例外として、ほとんどの主要通貨に対して強かった。ヨーロッパでは、ドイツ連邦統計局は8月の鉱工業生産を-0.2%(vs. 月間予想+1.5%)と公表した。

豪ドルは主要通貨ペア全てに対して高くトレードされていた。

活発な通貨ペアを見ると、USD/JPYは水曜日のトレーディングで40ピップス上昇し、対主要通貨ペアに対して最高のパフォーマンスの1つとなった。この通貨ペアは、長期的な弱気トレンドチャンネルの中に留まっているが、反転パターンがこのチャンネルの中で具現化した。強気の加工ウェッジの反転パターンが確認された。下降トレンドラインがどのように抵抗線として機能するのかを見るために、106.96の抵抗エリアに向けたリバウンドの継続を期待したい。104.965の下へのブレイクは、主要弱気のトレンドチャンネルの再開を告げることになるだろう。 



出典:GAIN Capital, TradingView(トレーディングビュー)

トレーディングをお楽しみください。