注目記事

USDJPYは弱含んだまま

米ドルインデックスはプレッシャーがかかったままChart

米ドルは月曜日、全ての主要通貨ペアに対して弱含んだ。米国の最新経済データについては、主要経済データのリリースはなかった。   

火曜日には、9月のニューヨーク連銀製造業景気指数は8月の3.7から月間で7.0に上昇することが予想されている。最後に、8月の鉱工業支出は、7月の+3.0%から月間で1.0%増加することが予想されている。 

ユーロは、 CADおよびUSDを例外として、その主要ペアのほとんどに対して弱含んだ。ヨーロッパで、欧州委員会は、7月の鉱工業生産を+4.1%(vs 月間予想+4.2%)と報告した。

豪ドルはCADおよびUSDを例外として、ほとんどの主要通貨に対して弱含んだ。 

活発な主要通貨ペアを見ると、USD/JPYは月曜日のトレーディングで46ピップス下落した。テクニカルな観点では、同通貨ペアは、50日移動平均線(青色)と下落トレンドラインで抑えられた弱気のトレンドチャンネル内に留まっている。価格アクションが107.15の抵抗線以下にとどまっている限り、104.20付近の8月の安値に向けて不安定なプライスアクションが予想される。






出典:GAIN Capital, TradingView(トレーディングビュー)


米ドルインデックスも下落トレンドに留まっており、50日移動平均線(青色)で抑えられたままである。93.99を上方向にブレイクされない限り、91.75の支持線をテストすべく、下げ継続を見ることになるかもしれない。



出典:GAIN Capital, TradingView(トレーディングビュー)

トレーディングをお楽しみください。