注目記事

USDJPYは主要抵抗線の下でプレッシャーを受けたまま

トレーダーは主要経済データとFOMCミーティングで水曜日にボラティリティーの増加を想定している。

全米産業審議会の消費者信頼感指数は、6月の改定値98.3から7月の月間で92.6(予想値95.0)に下がった。

水曜日は、米国経済データで忙しい日になる。ここに注目すべきことがある。 

7月24日で終わる週の米抵当銀行協会住宅ローン申請データが予定されている。 

6月の卸売在庫の速報値は、5月の確定値の-1.2%に比較し、月間で0.5%減少することが予想されている。 

6月の中古住宅販売保留は、5月の+44.3%の記録的な高さに比較し、月間で15.0%増加することが予想されている。 

最後に、連邦準備銀行が政策金利のターゲットを0.00%から0.25%に据え置くことが予想されている。 

USD/JPYの通貨ペアが106.07の主要サポートの下にブレイクした後に、プレッシャーがかかった状態が継続しているため、注目が集まっている。次のサポートエリアは、3月の安値をテストすべく、エクステンション上の104.55と103.45を特定することができる。 






出典:GAIN Capital, TradingView(トレーディングビュー)

トレーディングをお楽しみください。