注目記事

USDJPYは木曜日の主要雇用データの前にプレッシャーを受けている

米ドルは水曜日に全ての主要通貨ペアに対して弱気であった。米国の最新経済情報については、米抵当銀行協会住宅ローン申請件数が10月16日に終わる週について、その前の週の-0.7%に比較し、0.6%減少した。最後に、連邦準備制度理事会のベージュブックでは、景気低迷以来、全ての地区がそこそこのペースで成長の継続が見られると記していたが、レストラン業界は屋外での食事に依存していたため、寒い天候が近づいていることから懸念されている。成長は遅いものの、雇用は全ての地区で増加していた。全ての地区で物価は上昇しており、食品、自動車、家電などのほとんどの消費者物価が大きく上昇した。         

木曜日には、10月17日で終わる週の新規失業保険申請件数は、その前の週の89.8万人から87.0万人に減少することが予想されている。10月10日で終わる週の継続申請件数は、その前の週の1,001.8万人から962.5万人に減少することが予想されている。9月の景気先行指数は8月の+1.2%にっ比較し、月間で0.6%上昇することが予想されている。最後に、9月の中古住宅販売件数は、8月の600万件から月間で630万件に急増することが予想されている。   

ユーロは、 CAD、CHFおよびUSDを例外として、その主要ペアのほとんどに対して弱気だった。ヨーロッパでは、英国国家統計局が9月の消費者物価指数(CPI)が+0.4%(月間予想+0.5%)であったと報告した。9月の生産者物価指数は先月の+0.1%に対して月間で-0.1%とリリースされた。

豪ドルは、 NZDおよびGBPを例外として、その主要ペアのほとんどに対して強きだった。 

主要通貨を見ると、USDJPYは、水曜日のトレーディングで最大のプレッシャーを受けていた。同通貨ペアは、引き続き全般的に米ドル安となっており、94ピップス下落し104.56となった。下落は、同通貨ペアが下落トレンドのチャンネルの中に留まっており、長期トレンドとして同じ方向にある。主要抵抗線は、上へのブレイクが弱気のトレンドを無効にする106.96に見える。トレーダーは、9月21日の下へのブレイクの試しがあったものの、拒否された104.20のサポートレベルを注意して見るべきだ。 



出典:GAIN Capital, TradingView(トレーディングビュー)

トレーディングをお楽しみください。