注目記事

CHFのブレイクアウト待ち

ここに今週の経済データのレビューがある:  

消費者物価指数の確定値は、7月の+0.6%に比較し、8月の月間で0.4%上昇した。(予想値+0.3%) 

月間財政赤字は、7月の630.0億ドルから8月の月間で2,000.1憶ドル(予想2,427.0憶ドル)に急増した。 

生産者物価指数の確定値は、7月の+0.6%に比較し、8月の月間で0.3%上昇した。(予想値+0.2%) 

9月5日で終わる週の新規失業保険申請件数は、その前の週の改定値に沿って88.4万人(予想85.0万人)に留まった。8月29日で終わる週の継続失業保険申請件数は、その前の週の改定値1,329.2万件から1,338.5万件(予想1,290.4件)に増加した。 

卸売在庫は、7月の速報値-0.1%に比較し、7月の確定値は月間で0.3%減少した(予想値-0.1%)。 

米抵当銀行協会住宅ローン申請件数は、前の週の-2.0%に比較し、9月4日に終わる週について2.9%上昇した。米国求人労働異動は、6月の600.1万人から7月の月間で661.8万人(よそう600.0万人)に増加した。 

NZD、CAD、及びGBPは、対ドルで先週にかけて最大のパーセンテージの動きであった。 

CHFは対ドルで今週の最大動き、米ドルに対し、0.44%のスイスフラン高を見せた。GBPとCADはそれぞれ-0.94%と3.59%となり、今週の最大の安い通貨となった。 

チャートを見ると、USD/CHFの通貨ペアは、0.91875の抵抗線と0.899支持線の間の50日移動平均線のちょうど下で維持パターンに留まっている。ブレイクアウトは、前のトレンドを継続する下方向が期待されている。 






出典:GAIN Capital, TradingView(トレーディングビュー)

トレーディングをお楽しみください。