注目記事

カナダドルにプレッシャーをかけるWTI原油

米ドルは月曜日、全ての主要通貨ペアに対して強気だった。米国の最新経済データについて、住宅着工件数は8月の改定値99.4万件から9月の月間で95.9万件(予想102.5万件)に予想外に減少した。             

火曜日、9月の耐久財受注の速報値は、8月の確定値に沿い、月間で0.5%増加することが予想されている。最後に、10月のカンファレンスボードの消費者信頼感指数は、9月の101.8から月間で102.0に増加することが予想される。        

ユーロはCADを例外として、ほとんどの主要通貨に対して弱気であった。ヨーロッパでは、10月のドイツのIFO景況感指数は92.7(vs. 予想値93.0)、期待指数は95.0(vs. 予想値96.5)とリリースされた。

豪ドルは、 CAD、CHFおよびEURを例外として、その主要ペアのほとんどに対して弱気だった。

月曜日のトレーディングで株式市場は2%下げたが、USD/CADは76ピップス高くなり、最高のパフォーマンスの主要通貨ペアとなった。月曜日に強いリバウンドがあったが、長期トレンドは、1.3265の主要抵抗線の下で弱気に留まっている。主要支持線は1.30に見え、下げ方向のターゲットに留まっている。カナダ銀行の政策金利の決定は水曜日に行われる。



出典:GAIN Capital, TradingView(トレーディングビュー)

トレーディングをお楽しみください。