ピボットポイントデータ

ピボットポイントは、トレーダーが予想に使用する指標で、テクニカルにおける重要な水準を示します。フィボナッチなどその他のテクニカル指標とあわせて使用すると、非常に効果的な分析ツールとなります。

ピボットポイント

  • ピボットポイント
  • 乖離値

    乖離値

    乖離値” とはピボットポイントとビッド価格との差を示しており、原則的にアスク価格からピボットポイント分を差し引くことで算出されます。

  • ビッド
  • アスク

日足

高値
安値
終値
R3
R2
R1
S1
S2
S3

週足

高値
安値
終値
R3
R2
R1
S1
S2
S3

月足

高値
安値
終値
R3
R2
R1
S1
S2
S3

ピボットポイントは前日または前週、前月の高値、安値および終値を用いて算出します。ピボットポイントの上下で、サポートとレジスタンスの水準がそれぞれ 3 つ算出されます。レジスタンスの 3 水準はそれぞれ R1、R2、R3 と呼ばれ、サポートの 3 水準は S1、 S2、S3 と呼ばれます。

  • 現在の価格日足のピボットポイントより上に位置している場合、ロングポジションが始まるサインとなります。
  • 現在の価格日足のピボットポイントより下に位置している場合、ショートポジションが始まるサインとなります。

サポートとレジスタンスの水準は一般的に、取引を手仕舞いするために使用します。

例えば、マーケットの価格がピボットポイントを上に抜けた場合、R1 および R2 が売りサインとなります。

一例として、R3 まで価格が変動したらロングポジションを手仕舞いし、その他のテクニカル指標がトレンドの転換を強く示している場合はポジションを反転させて売り持ちにする、というケースもあるかもしれません。

※さらに詳しい情報はFOREXラボの記事で

全く新しい、FXの世界観へ。
あなたの口座を、無料でご用意します。

無料口座開設