CAD/CHF カナダ ドル/スイス フラン

高値 安値 前日比 % 前日比
可能性が、信頼のパートナーとともに、開いていく。

カナダドル - CAD

カナダドルはカナダの法定通貨であり、カナダ中央銀行によって発行されています。カナダの堅調な経済、政府の支払能力の高さ、安定した法制度と政治制度により、各国の中央銀行はカナダドルを好んで使用しています。2019年4月に国際決済銀行が発表したレポートによると、カナダ ドルは1日の平均取引高が世界第7位です。カナダドルの1日の平均外国為替取引高は世界の外国為替取引高の5%を占めています。

カナダドル通貨の歴史

1967年、カナダの州であるニューブランズウィック州、ノバスコシア州がカナダ連邦を結成し、それまで3通りだった通貨が1つの通貨、カナダドルに統合されました。1971年、カナダ議会は統一通貨法を可決し、カナダドルがこの連邦の通貨になりました。カナダは1962年5月2日まで変動為替レートでした。1962年5月2日、カナダ政府は、カナダドルと米ドルの為替レートを固定し、1米ドル = 1.081カナダ ドルと規定しました。1971年8月15日、カナダドルは変動為替レートを採用し始めました。

カナダ経済

2019年のカナダの名目GDPは1兆9,309億米ドルで、世界第10位でした。これは世界のGDPの2%を占めています。一方、米国は2019年の名目GDPが21兆4,394億5000 万ドルで、世界第1位でした。

世界銀行の統計によると、2019年、カナダの商品とサービスの輸出はGDPの31.64%を占め、輸入はGD の33.33%でした。輸出のうち、化石燃料、原油、精製品が22%、電車・路面電車以外の車両が14%、機械、原子炉、ボイラーが7.8%、不特定財が4.9%、アルミニウムが1.9%、鋼鉄が1.3%となっています。輸出相手国として、米国が全体の76%、中国が3.9%、英国が3.4%、日本が2.1%を占めています。輸入相手国では、米国が総輸入量の51%、中国が総輸入量の13%、メキシコが総輸入量の6.2%です。

2018年、原油価格の高騰と住宅価格の上昇に伴い、カナダ経済はほぼ全力で稼働し、インフレ率も目標の2%付近で推移しました。インフレと過度の経済成長に対処するため、カナダ銀行は金利を1.25%から1.75%へと2回引き上げました。2019年、カナダ銀行は、エネルギー部門の低迷と米中貿易関係の悪化に直面しているにもかかわらず、金利を1.75%に据え置きました。2020年、新型コロナウイルスによる経済的圧迫を受けて、カナダ銀行は金利を直接0.25%に引き下げました。2020年10月28日、カナダ銀行は低金利が2023年まで続くと予測しました。

スイスフラン - CHF

フランはスイスとリヒテンシュタインの法定通貨で、国際コードはCHFです。スイス国立銀行によって発行され、一般にスイスフランと呼ばれます。サンチームはスイスの補助通貨単位で、1フランは100サンチームに相当します。2019年4月に国際決済銀行が行った調査によると、スイスフランの1日あたりの平均取引高は、世界の外国為替取引高の5.0%を占め、世界7位でした。

スイスフランの歴史

1848年、スイス連邦憲法は、スイス政府のみがスイスで通貨を発行することが許可された唯一の機関であると規定しました。1850年、スイスフランがフランスフランと等価(パリティ)であったとき、スイスはスイスの通貨単位としてフランを採用しました。1865年、フランス、ベルギー、イタリア、スイスがラテン通貨同盟を結成し、通貨基準を0.290322グラムの金に設定しました。ラテン通貨同盟は、1927年に解散しましたが、スイスは1936年までこの基準を維持しました。1945年、スイスはブレトンウッズ体制に参加し、通貨であるスイスフランを米ドルに対して固定し、1米ドルを4.30521スイスフランと規定しました。1970年代になるとドル危機が深刻化し、国際金融市場でドイツマルクやスイスフランの買いが殺到しました。このため、スイスフランの為替レートは上昇し続けました。スイスには歴史的に、最低40%の金で自国の通貨を支えるという法的要件がありました。1999年、スイスは新憲法を改正して、金と旧憲法に定められたスイスフランとの関係を断ち切るための国民投票を行いました。スイス国立銀行は、通貨を支えるために金の備蓄を維持した最後の中央銀行でした。

スイスフランの通貨の特徴

スイスフランの最も顕著な特徴として、安全な避難所の通貨と言われています。安定した政治情勢、健全な財政および金融政策、安定したマクロ経済により、スイスフランは有事の際の安全な通貨とされています。2011年の欧州債務危機の際、多くの投資家が安全を求めました。このため、スイスフランは対ドルで急騰し、2011年8月に対ドルで1.30に達しました。2011年9月6日、スイスフランの対ユーロ為替レートが1.095に達し、等価に近くなった際に、スイス国立銀行は対ユーロで1.2スイスフランという最低為替レートを規定してスイスフランの上昇を抑制しました。2015年1月15日、スイス国立銀行は対ユーロの上限を撤廃し、スイスフランは急騰しました。

マイナス金利が長引いているため、スイスフランも、日本円と同様に、高金利ペアでのキャリー トレードに適した通貨と見なされています。スイスのマイナス金利は、スイスが2015年に金利を引き下げ、マイナスになって以来、低下しています。2020年8月のスイスの金利は -0.75% でした。

カナダドルとスイスフランの取引方法

カナダの輸出品には多くの商品(コモディティ)が含まれているため、カナダドルと商品価格の間に強い関連性があります。国際商品、特に原油の価格推移は、カナダドルに劇的な影響を与えることがあります。商品価格の上昇は、インフレ率の上昇にもつながります。インフレ率が一定の範囲まで上昇すると、金利が変動します。金利の変動は、通貨供給量とその需要に影響を与える最も直接的な要因です。

スイスフランの安全資産という性質により、世界が政治的および経済的に混乱する中、スイスフランは投資家に好まれ、買われ続けています。スイスフラン高もスイス経済にリスクをもたらしました。近年、スイス国立銀行は外国為替市場に介入して、スイスフランの上昇は鈍りましたが、行き過ぎた介入は各国から批判を受け、外国為替市場の不確実性が高まりました。

スイスフランに影響を与える主な経済公表データには、国内総生産/GDP (Gross Domestic products)、消費者物価指数/CPI (Consumer Price Index)、国際収支 (Balance of Payment)、KOF先行指標 (KOF Leading Indicators) があります。相対的に言えば、スイス国立銀行が発表した金利決定、中央銀行総裁の演説、金融政策声明の方が、スイスフランにより重要な影響を与えます。FOREX.comグローバル経済カレンダーで、上記要因の公表日とデータの更新を確認できます。

ピボットポイント

  • ピボットポイント
  • 乖離値

    乖離値

    乖離値” とはピボットポイントとビッド価格との差を示しており、原則的にアスク価格からピボットポイント分を差し引くことで算出されます。

  • ビッド
  • アスク

日足

高値
安値
終値
R3
R2
R1
S1
S2
S3

週足

高値
安値
終値
R3
R2
R1
S1
S2
S3

月足

高値
安値
終値
R3
R2
R1
S1
S2
S3