CAD/PLN カナダ ドル/ポーランドズロチ

高値 安値 前日比 % 前日比
可能性が、信頼のパートナーとともに、開いていく。

カナダドル - CAD

カナダドルはカナダの法定通貨であり、カナダ中央銀行により発行されています。カナダの堅調な経済、政府の支払能力の高さ、安定した法制度と政治制度により、各国の中央銀行はカナダドルを好んで使用しています。2019年4月に国際決済銀行が発表したレポートによると、カナダドルは1日の平均取引高が世界第7位です。カナダドルの1日の平均外国為替取引高は世界の外国為替取引高の5%を占めています。

通貨履歴

1967年、カナダの州であるニューブランズウィック州、ノバスコシア州がカナダ連邦を結成し、それまで3通りだった通貨が1つの通貨、カナダドルに統合されました。1971年、カナダ議会は統一通貨法を可決し、カナダ ドルがこの連邦の通貨になりました。カナダは1962年5月2日まで変動為替レートでした。1962年5月2日、カナダ政府は、カナダドルと米ドルの為替レートを固定し、1米ドル = 1.081カナダ ドルと規定しました。1971年8月15日、カナダドルは変動為替レートを採用し始めました。

カナダ経済

2019年のカナダの名目GDPは1兆9,309億米ドルで、世界第10位でした。これは世界のGDPの2%を占めています。一方、米国は2019年の名目GDPが21兆4,394億5000 万ドルで、世界第1位でした。

世界銀行の統計によると、2019年、カナダの商品とサービスの輸出はGDPの31.64%を占め、輸入はGD の33.33%でした。輸出のうち、化石燃料、原油、精製品が22%、電車・路面電車以外の車両が14%、機械、原子炉、ボイラーが7.8%、不特定財が4.9%、アルミニウムが1.9%、鋼鉄が1.3%となっています。輸出相手国として、米国が全体の76%、中国が3.9%、英国が3.4%、日本が2.1%を占めています。輸入相手国では、米国が総輸入量の51%、中国が総輸入量の13%、メキシコが総輸入量の6.2%です。

2018年、原油価格の高騰と住宅価格の上昇により、カナダ経済の流れはほぼピークに達し、カナダのインフレ率も目標の2%付近で推移していました。インフレと過度の経済成長に対処するため、カナダ銀行は金利を1.25%から1.75%へと2回引き上げました。2019年、カナダ銀行は、エネルギー部門の低迷と米中貿易関係の悪化に直面しているにもかかわらず、金利を1.75%に据え置きました。2020年、新型コロナウイルスによる経済的圧迫を受けて、カナダ銀行は金利を直接0.25%に引き下げました。2020年10月28日、カナダ銀行は低金利が2023年まで続くと予測しました。

ポーランドズロチ - PLN

ポーランドズロチ (ポーランド語: Polski Złoty) はポーランドの法定通貨で、ポーランド語で「金」を意味します。2019年4月のポーランドズロチの世界平均日次外国為替取引高は410億米ドルで、そのうちスポット外国為替の日次取引高は12億米ドルでした。ポーランドズロチは、世界通貨の1日平均取引高で23位にランクされ、その1日平均外国為替取引高は、世界平均1日外国為替取引高の0.6%を占めています。ポーランドズロチの主な取引国は、英国、ポーランド、ドイツ、米国です。

通貨履歴

ズロチは、中世のポーランドで生まれた伝統のある通貨単位です。歴史的に、ポーランドのズロチは、ポーランドへの外国の侵略が増えたため、何度か取って代わられてきました。1850年から1917年にかけて、ロシア帝国ルーブルがポーランドで流通し、後にポーランドマルクに換えられました。1924年にズロチが再導入されました。1939年から1944年にかけて、ドイツはポーランドの新しい通貨を策定し、為替レートを1ドイツマルク=2ズロチに固定しました。1989年の東ヨーロッパの劇的な変化の後、ポーランド共和国政府は、ハイパーインフレを抑えるために、新しいズロチを通貨として発行しました。ポーランドは1994年に欧州連合への加盟を申請しました。2004年5月1日、ポーランドは正式にEUのメンバーになりました。ユーロ圏への加盟に関する意見の相違により、ポーランドはまだユーロ圏に加盟しておらず、独自の通貨であるズロチを使用しています。

ポーランド経済

2019年のポーランドの名目GDPは 5,658.5億米ドルで、世界第22位であり、そのGDPは世界のGDP総額の0.67%を占めています。2019年現在、ポーランド経済は過去28年間、着実に成長しています。2019年に、経済成長はEUで過去最高を記録しました。過去20年間、ポーランドの1人あたりGDPは平均年率6%で成長しました。また、過去20年でポーランドの1人あたりGDPは平均年率6%の速さで成長しており、中央ヨーロッパ諸国の中で最も注目を集めている国でもあります。

2010年以降、GDPに占めるポーランドの対外貿易の割合は上昇し続けており、ポーランドの対外貿易への依存度は徐々に高まっています。その中で、GDPに対する輸出の割合は、2010年の37%未満から2019 年には55.75%に増加しました。ポーランドの輸出入貿易は主にEU諸国との間で行われており、その中でドイツはポーランドの最大の輸出入相手国であり、ドイツへの輸出額は総輸出額の28%を占めています。

2019年、ポーランドの国内失業率は20年ぶりの最低水準に達しました。2020年の感染症拡大の影響を受けたものの、ポーランドの失業率は約6%と低い水準にとどまりました。2016年以降、ポーランドの消費者物価指数は大幅に上昇していますが、それでも2.5%からプラスマイナス1の範囲内です。ポーランド中央銀行は、2015年後半から2020年まで金利を1.5%に安定させています。2020年では、ポーランド中央銀行は金利を2回調整し、11月時点で0.1%でした。

カナダ ドルとポーランドズロチの取引方法

カナダの輸出品には多くの商品(コモディティ)が含まれているため、カナダドルと商品価格の間に強い関連性があります。国際商品、特に原油の価格推移は、カナダドルに劇的な影響を与えることがあります。商品価格の上昇は、インフレ率の上昇にもつながります。インフレ率が一定の範囲まで上昇すると、金利が変動します。金利の変動は、通貨供給量とその需要に影響を与える最も直接的な要因です。EUとの緊密な貿易関係により、EU経済の健全性はポーランドズロチに重要な影響を与えます。トレーダーは、取引の際にヨーロッパの経済発展とユーロ圏の金融政策に注意を払う必要があります。その中でも、ドイツの経済データはポーランドズロチに最も顕著な影響を与えます。全体の取引量が外国為替の総取引量に占める割合は小さいため、注意が必要となります。詳細な証拠金等の要件は、FOREX.comプラットフォームをご確認ください。

ピボットポイント

  • ピボットポイント
  • 乖離値

    乖離値

    乖離値” とはピボットポイントとビッド価格との差を示しており、原則的にアスク価格からピボットポイント分を差し引くことで算出されます。

  • ビッド
  • アスク

日足

高値
安値
終値
R3
R2
R1
S1
S2
S3

週足

高値
安値
終値
R3
R2
R1
S1
S2
S3

月足

高値
安値
終値
R3
R2
R1
S1
S2
S3