CHF/NOK スイスフラン/ノルウェークローネ

高値 安値 前日比 % 前日比
可能性が、信頼のパートナーとともに、開いていく。

スイスフラン - CHF

フランはスイスとリヒテンシュタインの法定通貨で、国際コードは CHFです。スイスフランはスイス国立銀行が発行しています。サンチームはスイスの補助通貨単位で、1フランは100サンチームに相当します。2019年4月に国際決済銀行が行った調査によると、スイスフランの1日あたりの平均取引高は、世界の外国為替取引高の5.0%を占め、世界7位でした。

スイスフランの歴史

1848年、スイス連邦憲法は、スイス政府のみがスイスで通貨を発行することが許可された唯一の機関であると規定しました。1850年、スイスフランがフランスフランと等価(パリティ)であったとき、スイスはスイスの通貨単位としてフランを採用しました。1865年、フランス、ベルギー、イタリア、スイスがラテン通貨同盟を結成し、通貨基準を0.290322グラムの金に設定しました。ラテン通貨同盟は、1927年に解散しましたが、スイスは1936年までこの基準を維持しました。1945年、スイスはブレトンウッズ体制に参加し、通貨であるスイスフランを米ドルに対して固定し、1米ドルを4.30521スイスフランと規定しました。1970年代になるとドル危機が深刻化し、国際金融市場がドイツマルクとスイスフランを買うようになり、スイスフランの為替レートは上昇を続けました。スイスには歴史的に、最低40%の金で自国の通貨を支えるという法的要件がありました。1999年、スイスは新憲法を改正して、金と旧憲法に定められたスイスフランとの関係を断ち切るための国民投票を行いました。スイス国立銀行は、通貨を支えるために金の備蓄を維持した最後の中央銀行でした。

スイスフランの特徴

スイスフランの最も顕著な特徴として、安全な避難所の通貨と言われています。安定した政治情勢、健全な財政および金融政策、安定したマクロ経済により、スイスフランは有事の際の安全な通貨とされています。2011年の欧州債務危機の際、多くの投資家が安全を求めました。このため、スイスフランは対ドルで急騰し、2011年8月に対ドルで1.30に達しました。2011年9月6日、スイスフランの対ユーロ為替レートが1.095に達し、等価に近くなった際に、スイス国立銀行は対ユーロで1.2スイスフランという最低為替レートを規定してスイスフランの上昇を抑制しました。2015年1月15日、スイス国立銀行は対ユーロの上限を撤廃し、スイスフランは急騰しました。

マイナス金利が長引いているため、スイスフランも、日本円と同様に、高金利ペアでのキャリー トレードに適した通貨と見なされています。スイスのマイナス金利は、スイスが2015年に金利を引き下げ、マイナスになって以来、低下しています。2020年8月のスイスの金利は -0.75% でした。

ノルウェークローネ - NOK

ノルウェークローネ (通貨コード NOK) はノルウェーの法定通貨です。NOKの「K」は「クローナ(クローネ)」を意味し、王冠を表すスウェーデン語に由来します。NOKはスカンジナビア通貨同盟の商品(通貨)です。1875年、ノルウェーはスカンジナビア通貨同盟に加盟し、デンマークとスウェーデンに続いて「クローナ」を通貨単位として使用しました。2019年4月に国際決済銀行が実施した調査によると、NOKの1日あたりの平均取引量は1,190億米ドルで、世界の1日あたりの平均外国為替取引量の1.8%を占め、世界通貨の外国為替取引量では1日平均で14位にランクされています。そのうち、外国為替先物の1日の平均取引量は420億ドルでした。

ノルウェー経済

ノルウェーの国土面積は323,802平方キロメートル、総人口は5,467,439人です。2019年のノルウェーの名目GDPは4,176億 3,000万ドルで、世界のGDPランキングで30位にランクされ、総GDPは世界の総GDPの0.466%でした。

ノルウェーは世界第7位の原油輸出国であり、2018年には石油とガス部門がGDPの18%、輸出の62%を占めました。ノルウェーは、西ヨーロッパで最も重要な天然ガスの産地です。2018年、ノルウェーの天然ガスはEU全体の天然ガス輸入の31%を占めました。これは、ノルウェーの天然ガスのほぼすべてがEUに輸出されたことになります。ノルウェーの輸出の60%はEU向けです。輸出先としては、英国が20%、スウェーデンが 7.7%、デンマークが4.5%を占めています。

2019年、数年間の堅調な経済成長を経て、ノルウェー経済は景気サイクルのピークに達しました。ノルウェーの中央銀行は、失業率が低下し、生産性が向上してインフレ率が目標の2%に近づいたため、金利を0.75%から1.5%に引き上げました。しかし、2020年の新型コロナウイルスの発生により、1.5%の達成が確実と予想されていましたが、届きませんでした。2020年3月12日、ノルウェー銀行は金利を1%に引き下げ、その1週間後には直接0.25%にまで引き下げました。5 月に、ノルウェー銀行は金利をゼロに設定し、10年間据え置く見込みとであるとしました。

ノルウェー クローネの特徴

NOKの最大の特徴は、原油価格と生産量の影響を大きく受けることです。ノルウェー経済はエネルギー製品に依存しているため、原油価格の変動はNOKに大きな影響を与える可能性があります。

石油はノルウェー経済を支えていますが、同時にノルウェー経済は石油産業によって制約を受けています。石油産業が単一・巨大化しているため、ノルウェーの経済は多様性を欠いています。近隣諸国が自動車、電子機器、携帯電話などの産業を精力的に発展させている一方、ノルウェーは依然として石油産業に大きく依存しています。ノルウェー政府は産業を多様化しようと試みましたが、効果はありませんでした。2001年、石油とガスの新規探査が行われなくなったため、ノルウェーの石油生産量は減少し始め、2019年までに半減しました。

スイスフランとノルウェークローネの取引方法

スイスフランに影響を与える主な経済公表データには、国内総生産/GDP (Gross Domestic products)、消費者物価指数/CPI (Consumer Price Index)、国際収支 (Balance of Payment)、KOF先行指標 (KOF Leading Indicators) があります。 相対的に言えば、スイス国立銀行が発表した金利決定、中央銀行総裁の演説、金融政策声明の方が、スイスフランにより重要な影響を与えます。トレーダーは、NOKをトレードする際、国際原油価格と生産量の変化に細心の注意を払う必要があります。同時に、トレーダーは、一般にEUとノルウェーの主要貿易国の政策と経済指標にも注意を払うべきです。また、ノルウェー自体に関する限りでは、トレーダーは、ノルウェーのさまざまな経済指標と金融政策に注意を払う必要があります。

ピボットポイント

  • ピボットポイント
  • 乖離値

    乖離値

    乖離値” とはピボットポイントとビッド価格との差を示しており、原則的にアスク価格からピボットポイント分を差し引くことで算出されます。

  • ビッド
  • アスク

日足

高値
安値
終値
R3
R2
R1
S1
S2
S3

週足

高値
安値
終値
R3
R2
R1
S1
S2
S3

月足

高値
安値
終値
R3
R2
R1
S1
S2
S3