CHF/PLN スイスフラン/ポーランドズロチ

高値 安値 前日比 % 前日比
可能性が、信頼のパートナーとともに、開いていく。

スイスフラン - CHF

フランはスイスとリヒテンシュタインの法定通貨で、国際コードは CHFです。スイスフランはスイス国立銀行が発行しています。サンチームはスイスの補助通貨単位で、1フランは100サンチームに相当します。2019年4月に国際決済銀行が行った調査によると、スイスフランの1日あたりの平均取引高は、世界の外国為替取引高の5.0%を占め、世界7位でした。

スイスフランの歴史

1848年、スイス連邦憲法は、スイス政府のみがスイスで通貨を発行することが許可された唯一の機関であると規定しました。1850年、スイスフランがフランスフランと等価(パリティ)であったとき、スイスはスイスの通貨単位としてフランを採用しました。1865年、フランス、ベルギー、イタリア、スイスがラテン通貨同盟を結成し、通貨基準を0.290322グラムの金に設定しました。ラテン通貨同盟は、1927年に解散しましたが、スイスは1936年までこの基準を維持しました。1945年、スイスはブレトンウッズ体制に参加し、通貨であるスイスフランを米ドルに対して固定し、1米ドルを4.30521スイスフランと規定しました。1970年代になるとドル危機が深刻化し、国際金融市場でドイツマルクやスイスフランの買いが殺到しました。このため、スイスフランの為替レートは上昇し続けました。スイスには歴史的に、最低40%の金で自国の通貨を支えるという法的要件がありました。1999年、スイスは新憲法を改正して、金と旧憲法に定められたスイスフランとの関係を断ち切るための国民投票を行いました。スイス国立銀行は、通貨を支えるために金の備蓄を維持した最後の中央銀行でした。

スイスフランの特徴

スイスフランの最も顕著な特徴として、安全な避難所の通貨と言われています。安定した政治情勢、健全な財政および金融政策、安定したマクロ経済により、スイスフランは有事の際の安全な通貨とされています。2011年の欧州債務危機の際、多くの投資家が安全を求めました。このため、スイスフランは対ドルで急騰し、2011年8月に対ドルで1.30に達しました。2011年9月6日、スイスフランの対ユーロ為替レートが1.095に達し、等価に近くなった際に、スイス国立銀行は対ユーロで1.2スイスフランという最低為替レートを規定してスイスフランの上昇を抑制しました。2015年1月15日、スイス国立銀行は対ユーロの上限を撤廃し、スイスフランは急騰しました。

マイナス金利が長引いているため、スイスフランも、日本円と同様に、高金利ペアでのキャリー トレードに適した通貨と見なされています。スイスのマイナス金利は、スイスが2015年に金利を引き下げ、マイナスになって以来、低下しています。2020年8月のスイスの金利は -0.75% でした。

ポーランドズロチ - PLN

ポーランドズロチ(ポーランド語: Polski Złoty)は、ポーランドの法定通貨で、ポーランド語で「金」を意味します。2019年4月のポーランドズロチの世界平均日次外国為替取引高は410億米ドルで、そのうちスポット外国為替の日次取引高は12億米ドルでした。ポーランドズロチは、世界通貨の1日平均取引高で23位にランクされ、その1日平均外国為替取引高は、世界平均1日外国為替取引高の0.6%を占めています。ポーランドズロチの主な取引国は、英国、ポーランド、ドイツ、米国です。

ポーランドズロチの通貨の歴史

ズロチは、中世のポーランドで生まれた伝統のある通貨単位です。歴史的に、ポーランドのズロチは、ポーランドへの外国の侵略が増えたため、何度か取って代わられてきました。1850年から1917年にかけて、ロシア帝国ルーブルがポーランドで流通し、後にポーランドマルクに換えられました。1924年にズロチが再導入されました。1939年から1944年にかけて、ドイツはポーランドの新しい通貨を策定し、為替レートを1ドイツマルク=2ズロチに固定しました。1989年の東ヨーロッパの劇的な変化の後、ポーランド共和国政府は、ハイパーインフレを抑えるために、新しいズロチを通貨として発行しました。ポーランドは1994年に欧州連合への加盟を申請しました。2004年5月1日、ポーランドは正式にEUのメンバーになりました。ユーロ圏への加盟に関する意見の相違により、ポーランドはまだユーロ圏に加盟しておらず、独自の通貨であるズロチを使用しています。

ポーランド経済

2019年のポーランドの名目GDPは 5,658.5億米ドルで、世界第22位であり、そのGDPは世界のGDP総額の0.67%を占めています。2019年現在、ポーランド経済は過去28年間着実に成長しており、2019年の経済成長はEUで過去最高を記録しました。また、過去20年でポーランドの1人あたりGDPは平均年率6%の速さで成長しており、中央ヨーロッパ諸国の中で最も注目を集めている国でもあります。

2010年以降、GDPに占めるポーランドの対外貿易の割合は上昇し続けており、ポーランドの対外貿易への依存度は徐々に高まっています。その中で、GDPに対する輸出の割合は、2010年の37%未満から2019 年には55.75%に増加しました。ポーランドの輸出入貿易は主にEU諸国との間で行われており、その中でドイツはポーランドの最大の輸出入相手国であり、ドイツへの輸出額は総輸出額の28%を占めています。

2019年、ポーランドの国内失業率は20年ぶりの最低水準に達しました。2020年の感染症拡大の影響を受けたものの、ポーランドの失業率は約6%と低い水準にとどまりました。2016年以降、ポーランドの消費者物価指数は大幅に上昇していますが、それでも2.5%からプラスマイナス1の範囲内です。ポーランド中央銀行は、2015年後半から2020年まで金利を1.5%に安定させています。2020年では、ポーランド中央銀行は金利を2回調整し、11月時点で0.1%でした。

スイス フランとポーランドズロチの取引方法

スイスフランの安全資産という性質により、世界が政治的および経済的に混乱する中、スイスフランは投資家に好まれ、買われ続けています。スイスフラン高もスイス経済にリスクをもたらしました。近年、スイス国立銀行は外国為替市場に介入して、スイスフランの上昇は鈍りましたが、行き過ぎた介入は各国から批判を受け、外国為替市場の不確実性が高まりました。

EUとの緊密な貿易関係により、EU経済の健全性はポーランドズロチに重要な影響を与えます。トレーダーは、取引の際にヨーロッパの経済発展とユーロ圏の金融政策に注意を払う必要があります。その中でも、ドイツの経済データはポーランドズロチに最も顕著な影響を与えます。全体の取引量が外国為替の総取引量に占める割合は小さいため、注意が必要となります。

ピボットポイント

  • ピボットポイント
  • 乖離値

    乖離値

    乖離値” とはピボットポイントとビッド価格との差を示しており、原則的にアスク価格からピボットポイント分を差し引くことで算出されます。

  • ビッド
  • アスク

日足

高値
安値
終値
R3
R2
R1
S1
S2
S3

週足

高値
安値
終値
R3
R2
R1
S1
S2
S3

月足

高値
安値
終値
R3
R2
R1
S1
S2
S3