EUR/JPY ユーロ円

高値 安値 前日比 % 前日比
可能性が、信頼のパートナーとともに、開いていく。

ユーロ - EUR

ユーロ (Euro) は、欧州連合の19か国の通貨です。1999年1月1日、EU諸国は金融政策を統一し(単一金融法実施)、ユーロを導入しました。2002年7月、ユーロがユーロ圏の法定通貨になりました。管理は、ユーロ圏諸国の中央銀行で構成される欧州中央銀行システム(ESCB)が行っています。ユーロは世界で2番目に広く使用されている通貨であり、1日の平均外国為替取引高は2兆1,290億米ドルです。そのうち1日のスポット外国為替の平均取引高は6,160億米ドルです。2019年4月のユーロの1日平均外国為替取引高は、2010年の39.0%と比較して、世界の1日平均外国為替取引高の 32.3%を占めました。

ユーロの影響

ユーロの強さは、ユーロ圏の経済と密接に関連しています。ユーロ圏はEUのGDPの85%を占めており、ドイツ、フランス、イタリア、スペインの4か国がユーロ圏のGDPの3分の2を占めています。ドイツとフランスの2か国でユーロ圏のGDPの50%近くを占めます。ユーロ圏のGDPレポートは、各四半期の終了から2か月後にEurostatが発行します。レポートの発表に時間がかかるため、市場はすでにデータを事前に織り込んでいますが、GDPの発表は依然として市場に重要な影響を与えます。

欧州中央銀行は物価とインフレ率を基に金融政策と金利決定を行います。インフレ目標は2%です。ユーロ圏の主なインフレ指標は消費者物価指数(CPI)です。相対的に言えば、ユーロ圏のCPI速報値、フランスのCPI、およびドイツの主要なCPIは、すべて毎月発表されます。発表は月末にあるため、時間的な制限から、これらの報告はトレーダーが注視すべきものとなっています。経済発展、物価、インフレに基づく欧州中央銀行の金融政策は、ユーロに大きく影響します。その中で最も重要なのは政策金利の決定です。政策金利は事前に市場予想が行われ、欧州中央銀行の発表後にメディア向けの会見が開かれます。これが今後の経済発展の手がかりとなります。

さらに、ユーロは、米ドルの相対的な強さ、ブレグジット、ウクライナ危機などの政治要因、ギリシャの債務危機、イタリアの景気後退などの経済要因、また、他の多くの要因からも影響を受けます。

日本円 - JPY

日本円は日本の法定通貨です。名称は円(日本語:円〔えん〕/えん〔ゑん〕、ローマ字: Yen)で、正式名称は日本円、通貨記号は¥、国際標準化機構ISO 4217の通貨コードはJPY、発行元は日本銀行です。2019年4月の国際決済銀行の調査によると、円はドルとユーロに次いで世界で3番目に多く取引されている通貨です。1日の平均取引量は1兆1,080億米ドルに達し、そのうち外国為替の1日の平均取引量は3,600億米ドルです。1日の平均外国為替取引高は、世界の1日の平均外国為替取引高の16.8%を占めています。しかし、2016年と比べると5%減少しています。円の外国為替取引高が減少したのは、主にUSD/JPYの流動性が低いことが原因です。それでも、相対的に見ると、EUR/JPYやAUD/JPYなどの他の通貨との円ペアでは、過去3年間で取引量が増加しています。同時に、利回りの高い新興国通貨と円のペアは、トレーダーにとって魅力が増しています。

日本円の歴史

1871年、日本円誕生。1874年、銀本位制に移行。1897年、金本位制実施。1931年、金本位制廃止。第二次世界大戦中、日本では深刻なインフレが起こり、円は大幅に下落しました。日本が国際通貨基金に加盟した1964年以降、円は国際貿易決済手段として大規模に使用されるようになりました。1970年代以降、日本の貿易が繁栄し、経済が回復すると、円に対する為替レートの自由化の圧力が高まりました。日本では1980年に外為法が改正され、円の自由化が始まりました。アメリカは対日貿易赤字が膨らんでいたため、円相場の変動制を望んでいました。1984年に日米円ドル委員会が設置され、これが円の国際化の始まりとなりました。

日本経済

2019年の日本の名目GDPは5兆799億2000万ドルで、世界第3位でした。日本のGDPは世界のGDPの5.86%を占め、1人当たりのGDPでは世界で23位でした。2012年以降、日本のGDP成長率は1%前後で推移しています。

日本は世界第3位の自動車生産国であり、世界最大の電子工学産業を擁し、世界で最も革新的な国の1つとしてランク付けされています。韓国や中国との製造競争に直面している日本の製造業は現在、光学、ハイブリッド車、ロボット工学などのハイテク分野の製品に重点を置いています。

国土面積が小さく、天然資源の埋蔵量が少ないため、日本は主要な天然資源において輸入に大きく依存しています。日本のエネルギーの約84%は、他の国から輸入に頼らなければならない状態です。日本は液化天然ガスの世界最大の輸入国であり、石炭の輸入国は世界第2位、原油の輸入に関しては世界第3位です。2018年、日本は世界第4位の輸入国、そして世界第4位の輸出国となりました。輸出の占める割合はGDPの18.52%で、輸入はGDPの 18.29%です。他の先進国と比較して、GDPに占める日本の輸出の割合は依然として小さいです。日本は、世界で最も輸出依存度の低い国の1つです。

日本では1990年に住宅バブルがはじけました。以来、日本の経済成長率は2%を超えたことはほとんどありません。高齢化問題と長期にわたる低インフレにより、日本の実質金利は2010年以降、マイナス金利になっています。日本は2016年にマイナス金利の導入を開始し、アジアで初めてマイナス金利を導入した国でもあります。低金利という直接的な理由から、円安の余地がほとんどなくなり、安全通貨としての地位も確立しました。

ユーロ円のトレード方法

EUR/JPYの1日の平均外国為替取引高は1,140億米ドルで、世界の1日の平均外国為替取引高の1.7%を占めています。EUR/JPYは世界で2番目に取引量の多い通貨と3番目に多い通貨とで構成されており、流動性が高いです。市場リスクが高まると、円は安全資産としてトレーダーに好まれます。円に影響を与える主な経済指標は、日銀短観、GDP、失業率、消費者物価指数などです。

ピボットポイント

  • ピボットポイント
  • 乖離値

    乖離値

    乖離値” とはピボットポイントとビッド価格との差を示しており、原則的にアスク価格からピボットポイント分を差し引くことで算出されます。

  • ビッド
  • アスク

日足

高値
安値
終値
R3
R2
R1
S1
S2
S3

週足

高値
安値
終値
R3
R2
R1
S1
S2
S3

月足

高値
安値
終値
R3
R2
R1
S1
S2
S3