GBP/AUD 英ポンド・豪ドル

高値 安値 前日比 % 前日比
可能性が、信頼のパートナーとともに、開いていく。

英ポンド

英ポンドは、英国の国内通貨および通貨単位の名称です。英ポンドは主にイングランド銀行によって発行されますが、他の発行機関もあります。ポンドを表す最も頻繁に使用される記号は£です。通貨コードはGBPです。英国に加えて、英国統治領の通貨もポンド建てです。

ポンドは世界で4番目に広く流通している通貨であり、1日の平均外国為替取引額は8,440億米ドルで、世界の1日の平均外国為替取引額の12.8%を占めています。英ポンドは、歴史的に世界で最も長く使用されている通貨です。1694年、イングランド銀行が設立され、紙幣の発行が開始されました。20世紀初頭までに、ポンドは資本主義世界における国際決済および準備通貨の最も重要な手段でした。第一次世界大戦後、国際準備通貨としてのポンドの地位は低下し、徐々に米ドルがその地位を取って代わりました。

英国経済

2019年の英国の名目GDP総額は2兆8,307億6000万ドルで、世界のGDP総額の3.15%を占め、世界第6位でした。1人当たりのGDPは世界第22位でした。2019年、英国は世界第5位の輸出国であり、また、世界第5位の輸入国となりました。さらに、英国は世界第3位の外国直接投資流入国であり、世界第5位の外国直接投資流出国でもあります。2019年の英国のGDP成長率は1.5%でした。その中で、サービス業はGDPの71.26%、製造業が17.41%、農業が0.61%を占めています。

英国経済の重要部門として。金融・保険、情報技術、建設、石油とガス、製造、小売などがあります。中でも、金融・保険業界は2018年のGDPの6.9%を占めており、ロンドンは世界最大の金融中心地 の1つとなっています。

英国の最大の輸出国は米国で、その割合は16%、ドイツが10%です。全体としてヨーロッパが英国の総輸出の53%を占めており、EUは英国の総輸出の43.5%を占めています。輸入では、ドイツが13%、米国が9.9%、英国が9.7%を占めました。ヨーロッパ全体は、英国の総輸入量の60%を占めています。商品とサービスに関しては、自動車が2019年の英国最大の輸出商品でした。サービスの輸出では、金融サービスが2019年の英国最大の輸出となっています。

オーストラリアドル - AUD

豪ドル(AUD)は、オーストラリアの公式通貨であり、また、ナウル、ツバル、キリバスの通貨です。国際決済機構によると、豪ドルは世界で5番目に多く取引されている通貨で、2019 年の世界取引量の7%を占めています。

オーストラリア経済

農業と鉱業はオーストラリア経済において重要な役割を果たしており、オーストラリアの農産物のほとんどは東アジア諸国に輸出されているため、オーストラリア経済はアジアと密接に結びついています。オーストラリアのもう1つの重要な産業である鉱業も、貴金属の需給と価格の影響を受けるため、オーストラリアドルもコモディティ通貨としてリストされています。したがって、アジア諸国との貿易摩擦は豪ドルに大きな影響を与え、国際的な貴金属価格の大幅な変動に連動して豪ドルも変動します。そのため、豪ドルは変動が高いという特徴があります。

オーストラリアは地理的に恵まれた場所にあり、経済的および政治的に安定しているため、先進国の中でも金利が高い国となっています。しかし、2019年以降、景気回復を促進するために、オーストラリアも金利を引き下げ始めました。2020年の新型コロナウイルスの影響も相まって、オーストラリアの金利は米国の金利と同じ0.25%まで低下し、キャリートレードの機会は大幅に縮小されました。

GBP/AUDのトレード方法

ポンドに影響を与える要因には、イングランド銀行の金融政策と金利の決定、英国経済指標の発表、英国とEUおよび米国の間の貿易関係などがあります。オーストラリアとアジア諸国間の国際商品価格、貿易および政治関係は、オーストラリアの経済指標だけでなく、オーストラリアドルにも大きな影響を与えます。

ピボットポイント

  • ピボットポイント
  • 乖離値

    乖離値

    乖離値” とはピボットポイントとビッド価格との差を示しており、原則的にアスク価格からピボットポイント分を差し引くことで算出されます。

  • ビッド
  • アスク

日足

高値
安値
終値
R3
R2
R1
S1
S2
S3

週足

高値
安値
終値
R3
R2
R1
S1
S2
S3

月足

高値
安値
終値
R3
R2
R1
S1
S2
S3