GBP/SGD 英ポンド・シンガポールドル

高値 安値 前日比 % 前日比
可能性が、信頼のパートナーとともに、開いていく。

英ポンド

英ポンドは、英国の国内通貨および通貨単位の名称です。英ポンドは主にイングランド銀行によって発行されますが、他の発行機関もあります。ポンドを表す最も頻繁に使用される記号は£です。通貨コードはGBPです。英国に加えて、英国統治領の通貨もポンド建てです。ポンドは世界で4番目に広く流通している通貨であり、1日の平均外国為替取引額は8,440億米ドルで、世界の1日の平均外国為替取引額の12.8%を占めています。英ポンドは、歴史的に世界で最も長く使用されている通貨です。1694年、イングランド銀行が設立され、紙幣の発行が開始されました。20世紀初頭までに、ポンドは資本主義世界における国際決済および準備通貨の最も重要な手段でした。第一次世界大戦後、国際準備通貨としてのポンドの地位は低下し、徐々に米ドルがその地位を取って代わりました。

英国経済

2019年の英国の名目GDP総額は2兆8,307億6000万ドルで、世界のGDP総額の3.15%を占め、世界第6位でした。1人当たりのGDPは世界第22位でした。2019年、英国は世界第5位の輸出国であり、また、世界第5位の輸入国となりました。さらに、英国は世界第3位の外国直接投資流入国であり、世界第5位の外国直接投資流出国でもあります。2019年の英国のGDP成長率は1.5%でした。その中で、サービス業はGDPの71.26%、製造業が17.41%、農業が0.61%を占めています。

英国経済の重要部門として。金融・保険、情報技術、建設、石油とガス、製造、小売などがあります。中でも、金融・保険業界は2018年のGDPの6.9%を占めており、ロンドンは世界最大の金融中心地 の1つとなっています。

英国の最大の輸出国は米国で、その割合は16%、ドイツが10%です。全体としてヨーロッパが英国の総輸出の53%を占めており、EUは英国の総輸出の43.5%を占めています。輸入では、ドイツが13%、米国が9.9%、英国が9.7%を占めました。ヨーロッパ全体は、英国の総輸入量の60%を占めています。商品とサービスに関しては、自動車が2019年の英国最大の輸出商品でした。サービスの輸出では、金融サービスが2019年の英国最大の輸出となっています。

シンガポールドル - SGD

シンガポールドル (SGD) はシンガポールの法定通貨であり、1 シンガポールドル=10ホーン (「グロス」とも呼ばれます) または1シンガポールドル= 100 セントです。

2002年以前は、シンガポール金融理事会がシンガポールドルを発行していました。その後、シンガポールドルはシンガポール金融管理局により発行されています。1965年、シンガポールは共和国を樹立し、1967年に独自の通貨であるシンガポールドルの発行を開始しました。1985年以降、シンガポールは変動相場制を採用しました。2019年4月のシンガポールドルの1日の平均外国為替取引高は1,190億米ドルでした。そのうちスポット外国為替の1日の平均取引高は370億米ドルで、これは世界の1日平の均外国為替取引高の1.8%を占めています。1日の平均取引量では世界13位でした。

シンガポール経済

シンガポールは小さな国で、国土面積が719平方キロメートル、人口が6,209,660人です。しかし、2019年のシンガポールの名目GDPは3,628億2,000万米ドルで、世界のGDPの0.408%を占め、GDPランキングでは世界第36位となっています。シンガポールは、2019年の1人当たりのGDPが65,233米ドルで世界8位でした。 シンガポール経済の中心産業は製造業です。シンガポール統計局の統計によると、2019年に製造業がシンガポールの年間GDPの20.9%を占めました。そのうち小売業が17.3%、ビジネスサービス業が14.8%、金融・保険業が13.9%でした。シンガポールの製造業はインダストリー4.0の時代に突入しました。シンガポールは世界第4位のハイテク製品輸出国であり、医薬品では世界上位10うち5つを製造しています。また、シンガポールは世界第5位の精製油生産国でもあります。シンガポールのハイエンド製造業は、宇宙船、電子製品、バイオテクノロジー製品、精密機械などが占めています。

2019年のシンガポールのGDPのうち28.2%は、商品とサービスの純輸出によるものでした。その中で、輸出はGDPの約174%、輸入はGDPの約146%を占めました。輸出入貿易ではGDPの320%を占めています。輸出国の内訳は、中国本土が14%、香港・中国が12%、マレーシアが11%、米国が9.2%となっています。輸入では、中国が15%、米国が13%、マレーシアが13%です。

シンガポールは良好なビジネス環境、優れた地理的位置、効率的な政府サービスの恩恵を受けて、海外直接投資の純流入が2011年以来増加し続けています。2019年、シンガポールへの外国直接投資の純流入は、GDP の28.36%を占めました。

シンガポールには中央銀行がなく、金融政策はシンガポール金融管理局が実施しています。連邦準備制度理事会や欧州中央銀行などとは異なり、シンガポールは金利を通じて通貨制度を管理していません。シンガポールの名目実効外国為替レート(S$ NEER-名目実効為替レート)は、外国為替メカニズムを通じて管理され、資本市場に影響を与えています。

GBP/SGDのトレード方法

シンガポールは国土と資源が限られているため、製造業に必要な原材料や資源の多くは輸入に依存しており、その経済は輸出入に依存しています。国際貿易関係、特にシンガポール、中国、米国間の貿易関係は、シンガポールドルに大きな影響を与えます。シンガポールは、その主な輸出相手国である中国と米国から、米中貿易摩擦、特にハイテク産業への規制環境の下でハイエンド製造業に一定の影響を受け、シンガポール通貨も影響を受けやすくなっています。為替レートは管理されるようになります。シンガポールの経済は活発で開かれていますが、全体的な経済規模が限られており、外国為替取引の量が少ないため、シンガポールドルの取引には依然として比較的高い前払率が必要であり、トレーダーはリスク管理を適切に行う必要があります。

ピボットポイント

  • ピボットポイント
  • 乖離値

    乖離値

    乖離値” とはピボットポイントとビッド価格との差を示しており、原則的にアスク価格からピボットポイント分を差し引くことで算出されます。

  • ビッド
  • アスク

日足

高値
安値
終値
R3
R2
R1
S1
S2
S3

週足

高値
安値
終値
R3
R2
R1
S1
S2
S3

月足

高値
安値
終値
R3
R2
R1
S1
S2
S3