GBP/USD 英ポンド・米ドル

高値 安値 前日比 % 前日比
可能性が、信頼のパートナーとともに、開いていく。

英ポンド

英ポンドは、英国の国内通貨および通貨単位の名称です。英ポンドは主にイングランド銀行によって発行されますが、他の発行機関もあります。ポンドを表す最も頻繁に使用される記号は£です。通貨コードはGBPです。英国に加えて、英国統治領の通貨もポンド建てです。ポンドは世界で4番目に広く流通している通貨であり、1日の平均外国為替取引額は8,440億米ドルで、世界の1日の平均外国為替取引額の12.8%を占めています。英ポンドは、歴史的に世界で最も長く使用されている通貨です。1694年、イングランド銀行が設立され、紙幣の発行が開始されました。20世紀初頭までに、ポンドは資本主義世界における国際決済および準備通貨の最も重要な手段でした。第一次世界大戦後、国際準備通貨としてのポンドの地位は低下し、徐々に米ドルがその地位を取って代わりました。

英国経済

2019年の英国の名目GDP総額は2兆8,307億6000万ドルで、世界のGDP総額の3.15%を占め、世界第6位でした。1人当たりのGDPは世界第22位でした。2019年、英国は世界第5位の輸出国であり、また、世界第5位の輸入国となりました。さらに、英国は世界第3位の外国直接投資流入国であり、世界第5位の外国直接投資流出国でもあります。2019年の英国のGDP成長率は1.5%でした。その中で、サービス業はGDPの71.26%、製造業が17.41%、農業が0.61%を占めています。

英国経済の重要部門として。金融・保険、情報技術、建設、石油とガス、製造、小売などがあります。中でも、金融・保険業界は2018年のGDPの6.9%を占めており、ロンドンは世界最大の金融中心地 の1つとなっています。

英国の最大の輸出国は米国で、その割合は16%、ドイツが10%です。全体としてヨーロッパが英国の総輸出の53%を占めており、EUは英国の総輸出の43.5%を占めています。輸入では、ドイツが13%、米国が9.9%、英国が9.7%を占めました。ヨーロッパ全体は、英国の総輸入量の60%を占めています。商品とサービスに関しては、自動車が2019年の英国最大の輸出商品でした。サービスの輸出では、金融サービスが2019年の英国最大の輸出となっています。

米ドル - USD

米ドル(英語: USD; ISO 4217 コード: USD)は、(米国)連邦準備制度理事会による通貨であり、預金義務としての米国の公式通貨です。米ドルは1792年に貨幣法が可決されたことにより誕生しました。米ドルは同時に、米国以外の国でも準備通貨として広く使用されています。現在の米ドルの発行は、米国連邦準備制度理事会によって管理されています。国際決済機構による2019年4月の調査によると、米ドルは世界の外国為替市場を支配しており、(米ドルを含む)世界の通貨ペア取引量の88%を占めています。

米国経済

2019年の米国の名目GDP総額は21兆4,332億3,000ドルで、世界第1位です。世界のGDPの24.8%を占め、1人当たりのGDPは世界第5位です。GDPの構成では、金融、保険、不動産およびリース産業がGDP全体の21%、専門およびビジネスサービスが12.8%、政府支出が12.3%、製造業が11%、教育サービス・健康およびそれに関連するサポートが8.8%、卸売・小売業が11.5%、情報産業が5.2%を占めています。

相対的に言えば、GDPの全体構造に関して、GDPに占める米国の商品およびサービスの輸出の割合は、2019年に13%であり、輸入品およびサービスの割合は18%でした。純輸出は、-5%の貿易赤字となりました。個人消費はGDPの70%を占め、そのうち25%が商品消費、45%がサービス消費です。事業投資は18%を占めています。 政府支出は17%です。

米国経済の際立った特徴は、技術的に高度に発達したサービス部門であり、全体として総生産量の約80%を占めています。米国経済は、テクノロジー、金融、健康、小売のサービス指向の企業によって支配されています。米国ではサービス部門が最大の推進力となっていますが依然として、製造業が重要な基盤であり、生産高の約15%を占めています。米国は世界第2位製造国であり、自動車、宇宙航空、通信、医薬品などのハイエンド製造業で世界をけん引しています。農業は総生産量の2%しか占めていませんが、米国は依然として世界最大の農産物輸出国です。

GBP/USDのトレード方法

GBP/USDは、EUR/USDとUSD/JPYを除けば最大の取引高を持つ通貨ペアであり、1日の平均外国為替取引高は6,300億米ドルで、世界で9.6%を占めています。GBP/JPYは変動幅が大きく、トレーダーにとって魅力的です。ポンドに影響を与える要因には、イングランド銀行の金融政策と金利の決定、英国経済指標の発表、英国とEUおよび米国の間の貿易関係などがあります。米国の主要経済指標の発表は、世界の金融市場にとって極めて重要な意味を持ちます。これらの経済指標には、非農業部門雇用者数、購買担当者景気指数、消費者信頼感指数、消費者物価指数、国内総生産、小売売上高、ISM非製造業景況指数、個人消費支出などが含まれます。FRB(連邦準備制度)は、米国の金融政策を決定します。FRBの主な機能は、最大雇用を促進し、価格を安定させ、時宜にかなった金利を維持することです。連邦準備制度理事会が発表した金利決定は、世界の金融市場に影響を与える最も重要な要因の1つとなり、その次に連邦準備制度当局者によるスピーチ、連邦準備制度理事会の回顧録、および金融政策レポートなどがありました。

ピボットポイント

  • ピボットポイント
  • 乖離値

    乖離値

    乖離値” とはピボットポイントとビッド価格との差を示しており、原則的にアスク価格からピボットポイント分を差し引くことで算出されます。

  • ビッド
  • アスク

日足

高値
安値
終値
R3
R2
R1
S1
S2
S3

週足

高値
安値
終値
R3
R2
R1
S1
S2
S3

月足

高値
安値
終値
R3
R2
R1
S1
S2
S3